ここから本文です

絶好調マルセイユが6連勝達成! 酒井宏は韓国代表FWファン・ウィジョとマッチアップも

2019/12/9(月) 8:07配信

ゲキサカ

[12.8 リーグアン第17節 マルセイユ3-1ボルドー]

 フランス・リーグアンは8日に第17節を行い、DF酒井宏樹が所属する2位マルセイユはホームでボルドーと対戦。3-1で勝利し、6連勝を達成した。酒井は右サイドバックでフル出場し、後半からは元ガンバ大阪の韓国代表FWファン・ウィジョとマッチアップした。

 怒涛の5連勝で首位パリSGを追いかけるマルセイユ。しかし前半31分にMFヤシン・アドリの強烈なミドルを食らい、先制を許してしまう。前半は0-1とリードされたまま折り返した。しかし後半開始早々、MFディミトリ・パイェの右CKをDFジョルダン・アマビィが頭で合わせ、1-1と同点に追いついてみせる。

 ボルドーは後半12分に先制点を挙げたアドリに代えてファン・ウィジョを投入。酒井とのマッチアップが実現した。

 後半15分、好調マルセイユの原動力となっている中盤、前線からのハイプレスが今節も見事に結実する。FWバレール・ジェルマンとMFバランタン・ロニエが相手のゴールキックからのリスタートを最前線で追走。クリアミスを誘発し、MFモルガン・サンソンがボールを奪うと、PA手前からの右足シュートで逆転弾を叩き込んだ。

 マルセイユは後半19分にジェルマンに代えてFWネマニャ・ラドニッチを投入。すると後半アディショナルタイム2分過ぎ、ロニエが中盤でボールを奪い、そのままカウンターを仕掛ける。PA左のラドニッチがパスを受けて冷静に右足シュートを放つと、相手DFに当たりながらそのままゴールに吸い込まれた。試合記録ではボルドーのオウンゴールとなっている。

 試合はそのまま終了し、マルセイユは怒涛の6連勝を達成。首位パリSGは1試合未消化で現在勝ち点39となっており、マルセイユは勝ち点34で5ポイント差に縮めている。

最終更新:2019/12/9(月) 8:07
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事