ここから本文です

E-1選手権、木梨デザインの“世界を繋げる”公式球を使用

2019/12/9(月) 17:00配信

ゲキサカ

 フットボールブランドSFIDA(スフィーダ)を運営する株式会社イミオは、木梨憲武氏デザインのサッカーボール「VAIS(ヴァイス) PRO NORITAKE KINASHI Edition」がEAFF E-1サッカー選手権2019決勝大会の公式試合球に決定したことを発表した。

 前回大会に引き続き今大会をスポンサーとしてサポートするスフィーダが手掛けるヴァイスと木梨憲武氏の作品「REACH OUT(リーチアウト)」がコラボレーションしたサッカーボール。「リーチアウト」は「手を差し伸べる」という意味で、人と人との結びつきを無数の手で表現しており、サッカーボールを通じて世界を繋げたい、そんな思いが込められている。デザインした木梨氏は「20年以上、描いているREACH OUTが公式球に!代表選手に選ばれた気分です!光栄です!!助け合いながらパスを繋いで戦い、勝利に繋がることを想い応援します!」とコメント。

 Jリーグ選手が中心の日本代表、韓国・釜山で躍動する姿にサッカーボールが彩を添える。

●EAFF E-1選手権2019特集ページ

最終更新:2019/12/10(火) 21:40
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事