ここから本文です

鹿児島MF永畑が現役引退…来季からスカウトに転身へ

2019/12/9(月) 17:38配信

ゲキサカ

 鹿児島ユナイテッドFCは9日、MF永畑祐樹(30)が2019年シーズン限りで現役を引退し、2020年シーズンよりクラブスタッフ(フットボール本部スカウト担当)に就任することを発表した。

 鹿児島県出身の永畑は2008年に清水でプロ生活を始め、2011年に北九州へ移籍。2013年から鹿児島の前身であるヴォルカ鹿児島に所属し、J3昇格とJ2昇格に貢献した。今季はJ2リーグ戦1試合に出場。天皇杯では1試合に出場し、1得点を記録した。

 クラブ公式サイトを通じて周囲への感謝を述べるとともに、「今後は、鹿児島ユナイテッドFCフットボール本部スカウト担当として仕事をさせて頂く事になりました。また違う形にはなりますが、今まで以上に努力し鹿児島の為に必ずJ2に戻れるように頑張っていきます」と決意を語っている。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF永畑祐樹
(ながはた・ゆうき)
■生年月日
1989年5月2日(30歳)
■身長/体重
165cm/55kg
■出身地
鹿児島県出水市
■経歴
桜島中-神村学園高-清水-北九州-ヴォルカ鹿児島-鹿児島
■Jリーグ出場歴
J2リーグ:4試合
J3リーグ:86試合9得点

最終更新:2019/12/9(月) 17:38
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事