ここから本文です

トランプ氏、北朝鮮の行動を重大視せず-「重要な試験」発表後

2019/12/8(日) 15:54配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): トランプ米大統領は、北朝鮮による最近の行動を重大視しない姿勢を示した。北朝鮮は8日、長距離飛翔体の発射場で「非常に重要な試験」を7日に行ったと発表した。

トランプ氏は8日朝、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は「あまりにスマートであり」、米国に対し敵対的な行動に出たなら「失うものは多過ぎる。実際、全てを失うことになる」とツイート。北朝鮮は「約束通り非核化しなければならない」とも主張した。北朝鮮の国連大使は前日、非核化は米国との交渉のテーブルから外されているとの声明を発表した。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が国防科学院の報道官を引用して発表した声明によると、試験は「成功」を収め、近い将来における北朝鮮の戦略的な位置を変える上で主要な役割を果たす見通しだという。試験の詳細には触れていない。

試験が行われた東倉里(トンチャンリ)の西海(ソヘ)の発射場は、金委員長がトランプ大統領に譲歩して廃棄すると述べていた場所。5日以降、衛星写真によって新たな活動が示され、ミサイル発射やエンジンテスト実施の可能性が注視されていた。

この発表を受け、韓国大統領府当局者は8日、状況を「注意深く見守っている」と語ったと伝えられた。

固体燃料エンジンの試験か

極東問題研究所(ソウル)の研究部門責任者、キム・ドンヨプ氏は、声明は「大陸間弾道ミサイル=ICBM=向けの固体燃料エンジンの試験だった公算が大きい」ことを示唆していると語った。

金委員長はこの数カ月、米国が制裁および北朝鮮敵視政策を緩和しなければ「新たな道」を見つけることになると警告していた。北朝鮮は対米交渉の期限を年末に設定している。

原題:North Korea Conducted ‘Very Important’ Test at Rocket Site (1) (抜粋)

Trump Downplays North Korea Missile Tests, Says Kim ‘Too Smart’

(c)2019 Bloomberg L.P.

Kanga Kong

最終更新:2019/12/9(月) 5:09
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事