ここから本文です

BMW M4クーペ 新型、ついに最終デザインが見えた!

2019/12/10(火) 8:00配信

レスポンス

BMW『4シリーズクーペ』に設定される最強モデル『M4クーペ』の新型プロトタイプを、スクープサイト『Spyder7』のカメラが初めて捉えた。

【画像】BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真18枚)

初代4シリーズは、『3シリーズクーペ』後継モデルとして2013年に発売。現在第2世代ファミリーが開発中で、これまでベースモデルや『M4カブリオレ』を捕捉していたが、クーペは初となる。

キャリアカーで輸送中のプロトタイプ車両は、以前スクープした際のM4カブリオレから一気に進化。生産型ボディをまとい、初めてハーフカップ型LEDデイタイムランニングライトを備える市販タイプのヘッドライトが装着されたほか、波打つグラフィックのテールライトの一部も確認できる。

新型では、『コンセプト4』同様の巨大ラジエーターグリルが採用されるかに注目が集まるが、プロトタイプ車両ではバンパー下部に大型のグリルが組み込まれていることが確認できるものの、上部グリルパネルに繋がっているかは不明だ。

キャビン内の一部を写した画像では、よりスポーティなステアリングホイール、赤いステッチをアクセントにしたスポーツシートなどが見てとれる。

新型パワートレインは、『M3セダン』と共有する同社の3.0リットル直列6気筒「S58」エンジンを搭載予定だ。最高出力は510ps、最大トルクは598Nmを発揮する。駆動方式はFRを基本に、全輪駆動「xDrive」がオプション設定されることが濃厚だろう。

新型M4クーペのワールドプレミアは、2020年半ばと見られ、その後カブリオレが登場すると思われる。



《レスポンス Spyder7編集部》

最終更新:2019/12/10(火) 8:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事