ここから本文です

来季シニアツアーの日程が発表 全18試合開催で賞金総額は前年から3200万円増

2019/12/10(火) 17:31配信

ゴルフ情報ALBA.Net

日本プロゴルフ協会(PGA)の定例理事会が10日(火)に行われ、その後の会見で2020年の国内シニアツアー日程が発表された。

シニアプロのスイングを分析してスコアアップ!【連続写真】

シニアツアーとしては19年同様、18試合を開催。賞金総額は前年の7億7700万円から3200万円増の8億900万円となる。「試合数を変えずに賞金総額10億円を目指してきた」と倉本昌弘会長は話したが、ひとまず来年は微増にとどまった。

開幕戦は4月10~11日の日程で開催される「金秀シニア 沖縄オープンゴルフトーナメント2020」。11月27~29日の日程で行われる「第8回いわさき白露シニアゴルフトーナメント」がシーズン最終戦となる。いわさき白露シニアについては、今年第7回大会としてプロアマ大会のみを実施。来年はシニアツアーに復帰し、第8回大会と銘打たれる。

新規大会は、5月13~14日に開催される「涼仙モアサプライズカップ2020」の1試合。2大会が日程から外れた。倉本昌弘会長は、「弱小ツアーはいちばん早く発表しないと」としたが、現在の国内男女大会との近隣開催なども視野に、引き続き調整を行っていく考えを示した。

伊澤利光、深堀圭一郎、丸山茂樹などがシニア入り。谷口徹も「日本シニアオープン」で優勝を飾るなど盛り上がりを見せる国内シニアツアー。今後の盛況ぶりによっては、さらに試合数、賞金総額も増えていきそうだ。

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:2019/12/10(火) 18:17
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事