ここから本文です

日本人演奏家、台中の児童と音楽で交流 「大きな古時計」などを合奏/台湾

2019/12/10(火) 19:21配信

中央社フォーカス台湾

(台中中央社)日本のオカリナ奏者、河崎敦子さんとピアニストの巨勢典子さんが9日、中部・台中市西屯区の協和小学校で行われた「台日交流オカリナ音楽会」に出演し、児童と共に「大きな古時計」や「ジングルベル」を演奏した。

頼秀英校長によると、同校は低学年でオカリナの授業、中学年で鍵盤音楽の授業を行っており、今回の音楽会のために2~4年生の児童は集中して練習に取り組んできたという。

(蘇木春/編集:名切千絵)

最終更新:2019/12/10(火) 19:21
中央社フォーカス台湾

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事