ここから本文です

さらば、Windows Mobile! 本日をもって完全にサポート終了

2019/12/10(火) 19:00配信

ギズモード・ジャパン

名機の思い出とともに…。

日本の少なからぬユーザーにとって、Windows MobileをOSに搭載した「W-ZERO3」シリーズは、いまも心に残っているのではないでしょうか? スライドするとQWERTYキーボードが現われ、なによりMicrosoft Officeスイートまでバリバリと使える、いかにも仕事デキます感が、当時ビジネスユーザーにグッときたりもしました。iPhoneとかAndroidスマホとかあるけど、パソコンとの親和性の高さやプロフェッショナルなタイピング環境とアプリを重視するなら、Windowsスマホが一番さみたいなイメージって、わりと長く続いていたのでは?

【全画像をみる】さらば、Windows Mobile! 本日をもって完全にサポート終了

ボクはW-ZERO3シリーズのラストを飾った「HYBRID W-ZERO3」を愛用していました(上の写真)。あえてフルキーボードをはずし、ケータイっぽいダイヤルキーを備えつつ、れっきとしたWindows Mobileマシン。なにがHYBRIDだったかって、いくらでもタダでウィルコムのPHS回線のデータ通信機能が使い放題なことに加え、高速通信がほしいときはNTTドコモのW-CDMA通信にだって切り替えられる機能を標準装備して発売されたんです。遅かったけど、USBケーブルでパソコンとつないで、外出先でもPCから無料でネットが使いまくれたのがよかったよな~。ある意味で、MVNOの格安SIMの先駆けだったのではないでしょうか?

その後、Windows Phoneとして、キーボードとは訣別した、iPhoneやAndroidスマホとも肩を並べるスマートフォンスタイルのモデルが世界中で発売。タイル状のホーム画面が特徴的でした。OSのバージョンもグングンとアップし、Windows 10と同じく「Windows 10 Mobile」までアップデートを重ねてきたわけですけど、ついに本日限りで、マイクロソフトは完全にサポートを終了します。これからは、セキュリティ更新プログラムも修正プログラムも一切提供されず、ユーザーはAndroidまたはiOSデバイスへの移行が推奨されています。

いまマイクロソフトは、モバイルではSurfaceシリーズをリリースし、一定の成功も収めてきました。でもあくまでもOSには、PCと同じWindowsが採用されており、Surfaceで電話したり、SMSをやり取りしたり、いわゆる単体のスマートフォンとして使うことは想定されていません。まさかのSurface Phoneが登場するようですけど、OSに採用されるのはAndroid。もはやiOSでもAndroidでもないWindowsベースのスマホOSを作って、マイクロソフトが勝負をかける時代は完全に過ぎ去ってしまったのでしょうね。スマートフォンのOSはほぼ二択という時代が残念ながら現実で、今後それだけは変わることがないのかもしれませんよね。

Source: 価格.com

湯木進悟

最終更新:2019/12/10(火) 19:00
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事