ここから本文です

マクラーレン、620馬力の『620R』発表…GT4レーサーの公道バージョン

2019/12/10(火) 14:30配信

レスポンス

マクラーレンオートモーティブは12月9日、『マクラーレン 620R』(McLaren 620R)を欧州で発表した。

【画像】マクラーレン 620R(全12枚)

マクラーレン620Rは、レーシングカーのマクラーレン『570S GT4』の公道バージョンとして開発された。クーペボディのみを設定し、世界限定350台を生産する予定だ。サーキットと公道の両方で、レーシングカーのエクスペリエンスを提供することを目指している。

◆0~100km/h加速2.9秒で最高速322km/h

570S GT4と同じく、620Rにはカーボンファイバー製の「モノセル2」シャシーを使用する。このモノセル2が、車両の剛性と軽量化の基盤になるという。620Rの乾燥重量は1282kgに抑えられる。

620Rには、570S GT4と同じ「M838TE」型3.8リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンが搭載される。620Rでは、レースのレギュレーションが適用されないため、エンジンECUとターボチャージャーのチューニングを変更することにより、最大出力620psを獲得する。歴代のスポーツシリーズ車で、最もパワフルという。

また、このエンジンは、最大トルク63.2kgmを発生する。トランスミッションは7速「SSG」(シームレス・シフト・ギアボックス)だ。0~100km/h加速は2.9秒、0~200km/h加速は8.1秒。最高速は322km/hに到達する。

◆レーシングカー譲りの足回りと空力性能

サスペンションは、ドライバーが運転スタイルとサーキットの特性に合わせて、減衰力を調整できる。ダンパーは、通常のスポーツシリーズユニットよりも、6kg以上軽量化した。

マクラーレンの最新の軽量ブレーキシステムを装備した。カーボンセラミックディスクは、フロントが直径390mm、リアが直径380mmだ。鍛造アルミ製ブレーキキャリパーを組み合わせ、ペダルのレスポンス、サーキットでの耐フェード性を高めている。

620Rには、ピレリ「Pゼロ・トロフェオR」のセミスリックタイヤを標準装備する。オプションで、フルスリックモータースポーツタイヤが選択できる。ピレリのモータースポーツチームによって、マクラーレン向けに特別開発されたスリックタイヤは、620Rのブレーキとサスペンションを補完するように設計されており、横方向のGフォースを増加させ、ラップタイムを短縮させる。サイズは、フロントが19インチ、リアが20インチを履く。

エアロダイナミクスに関しては、570S GT4と同じ角度調整可能なカーボンファイバー製リアウィングを装着する。抗力を最小限に抑えながらダウンフォースを増加させるという。角度は3段階に調整できる。フロントバンパー、リップスポイラー、ボンネットは、620R用に再設計された。エアロブレードと専用デザインのリップスポイラーが装備される。カーボンファイバー製ボンネットには、ダウンフォースを引き上げ、車の上部の空気の流れを最適化する2つのダクトが設けられた。

◆エアコンやオーディオは未装備

インテリアは、フロアカーペットやグローブボックスを未装備とした。エアコン、「IRIS」ナビゲーション、オーディオシステムも付かないが、無償オプションで装備することができる。軽量な「Bowers&Wilkins」オーディオシステムは、オプションで選択できる。

シートは超軽量カーボンファイバー製レーシングシートで、6ポイントレーシングハーネスを標準装備した。ステアリングホイールには12時の位置に赤いマークが施される。バケットシートに体を固定した状態で、ドアを閉めるのに役立つドアプルストラップが採用された。パドルシフト、ステアリングホイールスポーク、センターコンソールなどには、カーボンファイバー製トリムが装着される。

◆サーキット向けテレメトリーシステム標準装備

「マクラーレン・トラック・テレメトリー(MTT)」システムが標準で、中央に取り付けられた7インチタッチスクリーンに各種情報が表示される。オプションで、3台のカメラシステムも利用できる。センターコンソールには、限定車を示す専用のシリアルナンバープレートが添えられる。

標準設定のボディカラー3色は、GT4のレーシングカーにインスパイアされたものだ。マクラーレンオレンジに白いストライプ、シリカホワイトにオレンジストライプ、オニキスブラックにオレンジストライプの組み合わせとなる。ゼッケンナンバーのデカールはオプションだ。マクラーレン『セナGTR』にインスパイアされたカラーリングも選択できる。

620Rは英国サリー州ウォキングのマクラーレンプロダクションセンターにおいて、2020年1月から手作業で組み立てられる。英国本国での価格は、25万ポンド(約3570万円)と発表されている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:2019/12/10(火) 14:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事