ここから本文です

<石原さとみ>「改めてすごく好きに…」 主演舞台で充実感

2019/12/10(火) 18:00配信

MANTANWEB

 女優の石原さとみさん主演、俳優の吉田鋼太郎さん演出で、Bunkamuraシアターコクーン(東京都渋谷区)で9月に上演された舞台「アジアの女」が、12月14日にWOWOWで放送される。石原さんが舞台に出演するのは、2018年の「密やかな結晶」以来。「これから自分の人生の目標を立てていく中で、舞台というものを中心に考えていきたいと思いました」という石原さんの、舞台への思いを語ったインタビューが公開された。

【写真特集】ますます美しさに磨きがかかった石原さとみ 白のワンピース姿がキュート

 「アジアの女」は、演出家の長塚圭史さんが書き下ろした戯曲で、大災害が起きた後の東京が舞台。石原さんほか、山内圭哉さん、矢本悠馬さん、水口早香さん、演出の吉田さんも出演。石原さんと吉田さんは初共演。

 大災害によって壊滅した東京のとある立ち入り禁止地区。2階部分によって1階が押しつぶされた家に、兄の晃郎(山内さん)と妹の麻希子(石原さん)は住み続けていた。2人は国からの配給によって生活するが、晃郎は酒浸りとなり、かつて精神を病んでいた麻希子は畑に水をやり続ける。麻希子に思いを寄せる警官の村田(矢本さん)は、2人の世話を焼き見守っていた。そこに作家の一ノ瀬(吉田さん)が現れ、かつて担当編集者だった晃郎に「物語を書かせろ」と迫る。そんな中、麻希子は仕事をあっせんする元締めの鳥居(水口さん)と出会い、生活のため「ボランティア」と称した仕事を始めることに……という展開。

 この公演について、石原さんは「脚本を読んでみて、誰が演じて誰が演出するかによって全く違うものになりそう」と感じたといい、「この本がどう立ち上がるのか、全然想像がつかなくて。伸びしろというか、これだけ余白がある本に挑戦できると思うと、すごくうれしかったです」と明かす。

 「答えがない作品もすごく好きで、考えさせられるというか。このセリフをどう言うのか、どういう思いを持っているのか、答えを定めずにけいこで作り上げていく。そこには自分の哲学だったり、指針だったり、人生観だったりが反映される、そういうことが求められるものってなかなかないなあと思って、すごくワクワクしました。簡単ではないからこそ鍛えられると思います」。

1/2ページ

最終更新:2019/12/10(火) 18:00
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ