ここから本文です

<田中圭>「mellow」舞台あいさつで“メロウ”連発も若手のコメントに反省

2019/12/10(火) 21:14配信

MANTANWEB

 俳優の田中圭さんが12月10日、東京都内で行われた映画「mellow(メロウ)」(今泉力哉監督、2020年1月17日公開)の完成披露舞台あいさつに出席。田中さんは「メロウの完成披露でメロウなみなさんとメロウな監督、メロウな記者さんもいて、メロウな気分です」とタイトル連発のあいさつを披露して、笑わせた。

【写真特集】岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ… 共演の女優陣が美しい…

 その後、志田彩良さんが「監督はどの役に対して平等に接してくれる。安心して現場をただただ楽しんでいました」、松木エレナさんも「初めての映画でうまくできるか不安だったけど、スタッフさんや共演者の笑顔を見て頑張ろうと思えた。あたたかい、メロウな雰囲気が流れていました」とコメント。年下2人の発言を聞いた田中さんは「めっちゃいいこと言えるじゃん!」と褒めつつ、「メロウ、メロウ言っている場合じゃない。ちょっと反省しました……」と苦笑いを浮かべていた。

 脚本は今泉監督のオリジナル。オシャレな花屋と廃業寸前のラーメン屋を舞台に、さまざまな恋愛模様が描かれる。主演の田中さんが演じるのは花屋の店主とあって、花束の作製にチャレンジした。これまで「ラッピングしたことない」といい、「花にハサミを入れるだけで本当に難しい。“自分はオシャレな花屋だ”って思って演じました」と苦労を語った。

 田中さんと今泉監督は初タッグ。田中さんは「脚本がすごく面白かった。全員が経験したことある話だけど、見過ごしている小さい気持ちを寄せ集めている。今泉監督はどんな人だろうと興味を持った。気持ちが丁寧だし、なるべく現場では監督の言うことを忠実にやりました」と振り返った。舞台あいさつには岡崎紗絵さんも登壇した。

最終更新:2019/12/11(水) 1:46
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事