ここから本文です

田中圭、若手女優のキラキラしたまなざしに照れ

2019/12/10(火) 21:22配信

シネマトゥデイ

 田中圭が10日、新宿バルト9で行われた映画『mellow メロウ』の完成披露舞台あいさつに来場し、撮影で共演した若手女優陣のキラキラしたまなざしに照れてしまったことを明かした。この日は田中とともに、岡崎紗絵、志田彩良、松木エレナ、今泉力哉監督も来場した。

田中圭、トークで女優陣を笑顔に!【写真】

 『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』などの今泉監督が手掛けた本作は、花屋の店主・夏目誠一(田中)やラーメン屋の女店主・木帆(岡崎)など、さまざまな人たちの恋愛模様が交錯する物語。この日、大歓声のなか登壇した田中は「今日はメロウな気持ちです。メロウな完成披露で、メロウなみんなと、メロウな観客のみなさんと、メロウなお花に囲まれて、メロウな記者さんに囲まれて……僕はメロウな気持ちですよ」と作品タイトルを連発して、会場の笑いを誘った。

 そんななか、共演者の志田が「今泉監督はどの役に対しても平等に愛情を注いで、丁寧に向き合ってくれるので安心して楽しんでいました」としみじみ振り返ると、続けて松木は「初めてのことだらけで最初は緊張しましたが、撮影現場に入ったらスタッフも共演者のみなさんも笑顔で、頑張ろうと。温かいメロウな雰囲気が流れていたので、安心して臨むことができました」とコメント。すると田中が「めちゃめちゃいいこと言うね。この短い時間で反省しました」と語り、今泉監督も「これが正しい“メロウ”の使い方ですね」と笑いながら付け加えた。

 劇中では、そんな田中と女性キャストたちとの共演シーンも多い。田中は「彩良ちゃんとエレナちゃん、紗絵ちゃんも若くてキラキラした女の子なわけです。お芝居では踏ん張っているのですが、二人の好きという思いが宿った目を見ていて、カットの声がかかるとすぐに目をそらしていました。そんなキラキラした目でおっちゃんを見ないで、と。(映画では)そんな頃があったなぁと感じると思うので、そこも見どころだと思います」とアピールした。(取材・文:壬生智裕)

映画『mellow メロウ』は2020年1月17日公開

最終更新:2019/12/10(火) 21:22
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事