ここから本文です

<比嘉愛未>桐谷健太&東出昌大と“謎の三角関係に” 「ケイジとケンジ」で立会事務官役

2019/12/11(水) 5:00配信

MANTANWEB

 女優の比嘉愛未さんが、俳優の桐谷健太さんと東出昌大さんがダブル主演する、2020年1月期の連続ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(テレビ朝日系、木曜午後9時)に出演することが12月11日、分かった。比嘉さんは、刑事・仲井戸豪太(桐谷さん)の妹で、検事・真島修平(東出さん)とペアを組む立会事務官・仲井戸みなみを演じる。修平はみなみに片思い中で、“謎の三角関係”に巻き込まれるという設定。

【写真特集】風間杜夫や柳葉敏郎らベテランキャストも続々…

 脚本はドラマ「海猿」や「ガリレオ」、NHK大河ドラマ「龍馬伝」、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」などを手がけた福田靖さん。「まんぷく」執筆後、連続ドラマを手がけるのは初めてで、自身にとって令和初のオリジナル作品となる。福田さんらしいユーモアやコミカルなタッチも盛り込まれるという。

 また、豪太の所属する神奈川県警横浜桜木警察署の署長・大貫誠一郎を風間杜夫さん、修平の所属する横浜地方検察庁みなと支部の部長検事・樫村武男を柳葉敏郎さんが演じる。そのほかに、横浜桜木警察署捜査課で豪太の先輩を矢柴俊博さん、菅原大吉さん、横浜地検みなと支部のメンバーで渋谷謙人さん、奥山かずささん、峯村リエさん、西村元貴さん、豪太と修平、みなみが通う飲食店の、元裁判官の女将(おかみ)役で八木亜希子さんが出演する。

 ◇比嘉愛未さんのコメント

 脚本家の福田靖さん、そして本橋圭太監督にはドラマシリーズ「DOCTORS~最強の名医~」でもお世話になっていたので、またご縁がつながって、とてもうれしいです! “刑事と検事”――この二つの異なる役職がテーマの作品は今までにないですし、そこに福田さんのユーモラスさや人情味も加わり、「とんでもない作品になるのでは!」と、今から演じるのがとても楽しみです。ちなみに、私と仲井戸みなみの共通点は、性格がハッキリしているところですかね。うそがつけず、ズバッと言ってしまうところは似ていると思います(笑い)。

1/3ページ

最終更新:2019/12/11(水) 5:00
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事