ここから本文です

<死役所>第9話 「加護の会」エピソードが登場 “シ村”松岡昌宏の過去が徐々に明らかに

2019/12/11(水) 12:09配信

MANTANWEB

 人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さんの主演ドラマ「死役所」(テレビ東京系、水曜深夜0時12分)の第9話が、12月11日深夜に放送される。原作マンガの第7巻に収録された、シ村(松岡さん)との因縁がある宗教法人と若者の姿を描く「加護の会」のエピソードを放送する。徐々に、シ村の過去が明かされていく。

【写真特集】“シ村”松岡昌宏の衝撃の過去とは?

 シ村は、ロビーにいた寺井修斗(柄本時生さん)に「加護の会に入信されていましたか?」と話しかける。両指で輪を作る独特の仕草は、宗教法人「加護の会」信者の証し。しかし、それをなぜシ村が知っているのか……。シ村の脳裏には、幸せそうにほほえむ妻・幸子(安達祐実さん)の顔が浮かんでいた。

 ある日、寺井は祖母に誘われ、加護の会のトップ・蓮田栄山(吹越満さん)の講演会に参加。「あるがままのあなたを愛する」という蓮田の言葉は、高学歴の弟・恭平(濱田龍臣さん)へのコンプレックスを持つ寺井の心を徐々に解放していった。

 自分を受け入れてくれる信者たちの優しさにも触れ、悩み続けていた寺井にとって、次第に地位も名誉も関係ない加護の会が幸せな居場所になっていく。やがて寺井は家族も就職も何もかも捨て、加護の会に入信してしまう。予告動画では、松岡さん演じるシ村が、「とっとと答えろ!」と怒鳴る場面も公開されている。

 ドラマは、あの世の「シ役所」を舞台に、シ役所「総合案内」で働く職員・シ村が、次から次へと現れる死者に「お客様は仏様です」と慇懃(いんぎん)無礼な態度で対応する姿を描くエンターテインメント作。20歳の誕生日に急性アルコール中毒で亡くなった天真らんまんな女子大生の三樹ミチルを黒島結菜さん、「生活事故死課」の職員ハヤシを清原翔さん、生前は美容師だった「自殺課」職員ニシ川を松本まりかさん、「他殺課」職員イシ間をでんでんさんが演じる。

最終更新:2019/12/11(水) 12:09
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事