ここから本文です

韓国 きょうのニュース(12月10日)

2019/12/10(火) 18:00配信

聯合ニュース

◇文大統領 23~24日に訪中=韓中日3カ国首脳会談に出席へ

 韓国青瓦台(大統領府)の高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官は10日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が中国・成都で開かれる韓中日の3カ国首脳会談に出席するため、23~24日に訪中すると発表した。文大統領は訪中期間中の習近平・中国国家主席、安倍晋三首相との個別会談も調整しているようだ。青瓦台の高官は両氏との個別会談について、記者団に「調整中のため、(調整が)終わったら公表する」と述べた。

◇在韓米軍の規模を維持 米議会軍事委が国防権限法案合意

 米下院と上院の軍事委員会は9日夜(現地時間)、国防予算の大枠を定める国防権限法(NDAA)案に合意したと発表した。法案には在韓米軍の規模を維持する内容が盛り込まれた。また、米議会は北朝鮮と取引がある金融機関も対北朝鮮制裁の対象に含めた。

◇中国から飛来するPM2.5 11日はさらに濃度上昇

 中国から飛来している微小粒子状物質(PM2.5)の濃度が11日はさらに上昇する見込みだ。10日にソウル市、京畿道、仁川市、忠清北道に発令された粒子状物質非常低減措置はほかの地域にも拡大されるとみられる。

◇北朝鮮のエンジン実験に「深い憂慮」 韓国国防相

 鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は10日、オーストラリア・シドニーで開かれた外交・国防閣僚会議(2プラス2)の共同記者会見で、「北の弾道ミサイル発射と東倉里でのエンジン実験に深い憂慮を表明する」と述べた。そのうえで、「両国の国防長官は北が韓米同盟と国際社会の対話を通じた問題解決の努力に応じ、軍事的緊張を高める行為を即刻中止することを強く求める」と強調した。

◇小学生が就きたい職業3位に「ユーチューバー」 1位はスポーツ選手

 ユーチューバーなど「コンテンツクリエーター」が韓国の小学生が付きたい職業の3位に入った。過去に上位に入った「科学者」は13位に落ち込んだ。教育部と韓国職業能力開発院は10日、全国の小中高校1200校の児童・生徒2万4783人と保護者1万6495人、教員2800人を対象に6~7月に実施した「初・中等進路教育現況調査」の結果を発表した。小学生が就きたい職業の1位は昨年に続き今年も「スポーツ選手」(11.6%)だった。2007~2011年、2013~2017年に1位だった「教師」(6.9%)は昨年に続き2位。3位は「クリエーター」(5.7%)だった。

最終更新:2019/12/10(火) 18:00
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事