ここから本文です

マネックスが米ETF 9種類の手数料を無料化 ドル為替手数料無料も無期限化

2019/12/10(火) 17:00配信

ITmedia ビジネスオンライン

 マネックス証券は12月10日、バンガードやウィズダムツリーなど米国ETF9種の買付手数料を1月2日から全額キャッシュバックすると発表した。対象とするETFは下記の通りで、全世界株式連動のETFや、米国株式指標のS&P500に連動するETFなどを含んでいる。

無償化するETF

・バンガード・トータル・ワールド・ストック ETF(ティッカー:VT)
・バンガード・S&P500ETF(ティッカー:VOO)
・バンガード・トータル・ストック・マーケット ETF(ティッカー:VTI)
・i シェアーズ・コア S&P 500 ETF(ティッカー:IVV)
・SPDR トラストシリーズ 1(ティッカー:SPY)
・ウィズダムツリー インド株収益ファンド(ティッカー:EPI)
・ウィズダムツリー 米国株 高配当ファンド(ティッカー:DHS)
・ウィズダムツリー 米国大型株配当ファンド(ティッカー:DLN)
・ウィズダムツリー 米国株クオリティ配当成長ファンド(ティッカー:DGRW)

 また、米ドル購入の為替手数料を無料とするキャンペーンを無期限化する。1月7日までとしていたが、これを無期限化する。ただし、為替変動などを考慮して定期的に見直すとしており、次回の見直しを2020年4月に行う。

 マネックス証券は、海外株式の取扱数の多さを特徴としており、現在3500銘柄超を取り扱う。

ITmedia ビジネスオンライン

最終更新:2019/12/10(火) 17:00
ITmedia ビジネスオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事