ここから本文です

ソフトバンク・甲斐野「3倍強」の一発更改 オフは森と自主トレ

2019/12/10(火) 14:55配信

デイリースポーツ

 プロ1年目から65試合に登板したソフトバンク・甲斐野央投手が10日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改を行い、「3倍弱の5000万円です」と笑顔の一発更改を報告した。しかし、12球団の申し合わせ事項では新人選手の年俸上限は今季まで1500万円となっている。会見場の報道陣からツッコミにあうと苦笑いを浮かべながら「あ、3倍強の5000万円です」と計算間違いを照れた。

 阪神・近本の来季年俸4500万円を上回り、今季ルーキーだった選手の中で最高額となった右腕は「さすがソフトバンクホークスですね。嬉しいです」とにんまり。来季のさらなる飛躍に向けて守護神の森に弟子入りして自主トレを行うことも明らかにした。「アニキ分というより一流選手と一緒に練習をしたいと思い、自分からお願いをしました。どんな練習をしているか興味があります」。

 ドラフト1位で東洋大から入団した今季、開幕戦でプロ初勝利をマーク。6月には離脱した森に代わって抑えも務めて、2勝5敗8セーブ26ホールド、防御率4.14の成績だった。11月には侍ジャパンの一員としてプレミア12でも活躍した。(金額は推定)

最終更新:2019/12/10(火) 16:13
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事