ここから本文です

スマホやIoT電池で安否確認――ソフトバンクが「みまもりサービス」開始 キャリアフリーで月額無料から

2019/12/10(火) 20:10配信

ITmedia Mobile

 ソフトバンクは12月19日から、スマートフォンや家電を使った安否確認サービス「みまもりサービス」の提供を開始する。契約している通信事業者を問わないキャリアフリーのサービスで、見守られる側は完全無料で、見守る側はサービス内容に応じて無料(0円)~980円の月額料金がかかる。

【IoT乾電池を使った見守りも可能】

(記事中の価格は全て税別)

サービスの概要

 みまもりサービスは、1人暮らしの高齢者が増加していることを背景に、離れて暮らしている家族の安否を簡易な方法で分かるようにすべく開発された。見守られる側、見守る側それぞれのスマートフォンに専用アプリをインストールして利用する。アプリはiPhone(iOS 11以降)とAndroidスマートフォン(Android 8.0以降)に対応している。

 見守られる側のアプリでは、スマホの「ロック解除」「充電」「移動(歩数計)」をチェック。見守る側のアプリで操作履歴を確認することで安否確認を行う。

 見守られる側がスマホを使っていない時も、ノバルスの乾電池型IoTデバイス「みまもり電池」(別売:詳しくは後述)を組み込んだ乾電池駆動の機器(リモコン、電動歯ブラシ、ライトなど)の動作履歴をチェックして安否を確認できるようになっている。

 万が一、見守られる側においてスマホや乾電池機器が一定時間操作されなかった場合はシステムが自動的に電話をかけることで安否を確認することもできる。ただし、見守る側が基本プランを利用している場合に限る。

 一方、見守る側のアプリでは、見守られる側のスマホで取得した操作履歴を確認したり、見守る対象のスマホや機器の新規登録や削除、無動作であることを通知する時間を設定したりできる。

月額料金

 みまもりサービスでは、「見守られる側に極力負担をかけない」という観点から見守る側がサービスに加入するという設計となっている。見守られる側に追加のサービス契約は不要だ。

 見守る側のサービスは「シンプルプラン」と「基本プラン」の2種類を用意。シンプルプランは無料で利用できるが、自動電話による安否確認を利用できないことを始めとして、サービスの利用に制約が設けられている。

 一方、基本プランは有料で、WebサイトやY!mobileショップ(Y!mobileユーザーに限る)で申し込める。月額料金は以下の通り。

・Y!mobileユーザー:月額480円
・それ以外(ソフトバンクユーザーを含む):月額980円

 なお、Y!mobileユーザー以外が基本プランを契約する場合は、月額料金を「Yahoo!ウォレット」で支払うことになるため、「Yahoo! JAPAN ID」が必要となる。

みまもり電池

 「みまもり電池」はノバルスが開発した乾電池型のBluetoothビーコン。単4乾電池を装着した上で単3サイズの乾電池を使う機器に入れると、機器の利用をBluetoothを介してスマホなどに自動で通知してくれる。ビーコンなので、スマホとのペアリング(ひも付け)操作は不要だ。

 ノバルスでは「MaBeee(マビー)」というブランドでこのBluetoothビーコンを販売しており、このみまもり電池も同ブランドのもと販売されるが、みまもり電池はみまもりサービスでのみ使える専用品となる。

 なお、みまもり電池はSB C&Sが「SoftBank SELECTION オンラインショップ」で販売する。現在予約を受け付けており、価格は3190円だ。

1/2ページ

最終更新:2019/12/10(火) 20:10
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事