ここから本文です

“なぜ49歳で引退したのか?”シェイクスピアの最期を追うブラナー監督映画

2019/12/10(火) 18:00配信

ステージナタリー

ケネス・ブラナーが監督・主演を務める映画「シェイクスピアの庭」が、3月6日より東京・Bunkamura ル・シネマほか全国で公開される。

本作は、これまでに数多くのウィリアム・シェイクスピア作品に監督・主演として関わってきたロイヤル・シェイクスピア・カンパニー出身のブラナーが、「才能に溢れたシェイクスピアは、なぜ49歳の若さで引退したのか?」という疑問から生み出した作品。断筆したシェイクスピアが故郷で過ごした人生最期の3年間にスポットを当て、シェイクスピアの“人間”的な側面を描き出す。

出演者にはブラナーのほか、ジュディ・デンチ、イアン・マッケラン、キャスリン・ワイルダー、リディア・ウィルソンが名を連ねた。

(c)2018 TKBC Limited. All Rights Reserved.

最終更新:2019/12/10(火) 18:00
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事