ここから本文です

米LNG設備が商業運転始める JERAと大阪ガス

2019/12/10(火) 15:45配信

共同通信

 東京電力ホールディングスと中部電力が共同で設立したJERA(ジェラ、東京)と大阪ガスは10日、両社が調達した米国産シェールガスなどを液化天然ガス(LNG)に加工する米テキサス州フリーポートの設備が現地時間8日に商業運転を始めたと発表した。

 両社は今後20年間にわたり、それぞれ年約232万トンのLNGを引き取る。自社で火力発電の燃料などとして活用するほか、アジアや欧州に転売して収益につなげる。

最終更新:2019/12/10(火) 15:47
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事