ここから本文です

天才、募集。「左ききのエレン」が3部作で舞台化、主演はオーディションで決定

2019/12/10(火) 21:05配信

コミックナタリー

かっぴー「左ききのエレン」の舞台化が決定。2020年4月1日から5日まで、東京・DDD AOYAMA CROSS THEATERで上演される第1弾公演を皮切りに、2021年にかけて全3部作として上演される。

「左ききのエレン」は広告代理店に勤務するデザイナー・朝倉光一と、類まれなる絵の才能を持つ山岸エレンを軸に描かれる、クリエイターたちの群像劇。舞台版では、脚本をSUGARBOYの川尻恵太、演出・プロデュースをベニバラ兎団のIZAMANIAXが担当する。

なお本作では、主演の朝倉光一役、山岸エレン役などをオーディションで決定。「天才、募集。」と銘打って、エントリーを12月20日まで募集している。詳細はリンク先にて確認を。

■ 舞台「左ききのエレン」第1弾
日程:2020年4月1日(水)~5日(日)
会場:東京都 DDD AOYAMA CROSS THEATER

□ スタッフ
原作:かっぴー
脚本:川尻恵太
演出・プロデュース:IZAMANIAX

最終更新:2019/12/10(火) 21:05
コミックナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事