ここから本文です

長谷川京子、9年ぶり舞台に気合十分「背筋が伸びる思い」 3日のプレけいこで“リハビリ”

2019/12/10(火) 13:04配信

オリコン

 女優の長谷川京子(41)が10日、都内で舞台『メアリ・スチュアート』の制作発表会見に参加。2011年の『熱海殺人事件NEXT~くわえ煙草伝兵衛操作日誌』以来、9年ぶりの舞台出演で初主演を務める長谷川は「かっこいいメアリ・スチュアートになるように仕上げていきたい」と予告した。

【全体ショット】胸元ざっくり…大胆なドレスで登場した長谷川京子

 本作は、スコットランド女王メアリと、イングランド女王エリザベス一世の対立を縦軸に、2人の間を奔走する、メアリに恋心を抱く青年モーティマーや、2人の女王から寵愛を受ける策略家のレスターという男たちの駆け引きを横軸に、刻一刻と迫る処刑の前で裁判を不当なものとして己の正当性を訴えるメアリと、その処刑を決行するか否かと心乱れるエリザベスの苦悩が描かれていく。

 長谷川は、その姿を一目見、その声を一度聴けば、誰もが心を許したくなるといわれる女王メアリを演じる。胸元に大胆な切れ込みが入った黒のロングドレスで登場した長谷川は「大役をいただいて、背筋が伸びる思い」と襟を正す。演出の森新太郎氏から、愛のこもった指導を受けているそうで「自分のクセであったり、今までなんとなくごまかしていた細かい痛いところを突かれる(笑)。心が折れないように毎日、精進して頑張っています」と力を込め「体力をつけ、きちんとしたかっこいいメアリ・スチュアートになるように仕上げていきたい」と宣言した。

 9年ぶりの舞台出演については「私としましては、ずっと舞台を切望していた。なかなか、ご縁に至らなかっただけ。いつでもウェルカムな状態だったんです」と明かす。思わぬ大役のオファーだけに「一瞬、どうしようかなと思った」と心境を口にしながらも「自分の性分的に『山を越えないという選択肢はない』というのがあって。後は、やれると思ってキャスティングしてくださっているなら絶対にできるという自分の中に根拠のない自信がある」と笑顔で意気込んだ。

 森氏によると「読み合わせをやればやるほど、舞台美術は何もいらないような気がしている。何日か後に、みなさん全貌を知ると思うんですけど舞台上は助けるものがない、役者の肉体と頭脳だけになる」と手助けになるような大道具はないと予告し、出演陣を驚かせた。

一方で優しさも。プレけいこを3日設けてもらった長谷川は「私の緊張を解すために作ってくれた期間」と感謝。森氏は「隠しもせずに長谷川さんのためにやった(笑)。長谷川さんだけは舞台で拝見したことなくて、先行して雰囲気を知りたいと思ってやらせていただいた」と裏話を披露しつつ「3日間でイケると確信を得た。メアリ・スチュアートを納得させないといけない色気やスゴみを読み合わせからビシビシと感じた。プラスで長谷川さんは、裏に脆さみたいみたいなものもある。メアリは強いだけじゃなく、ちょっとプライドの高さが折れる原因になったりする」と魅力を力説。最後は「長谷川さんに頼んで正解だった」と自身の配役に自信を見せていた。

 会見にはシルビア・グラブ、三浦涼介、吉田栄作、鷲尾真知子、山崎一、藤木孝も参加した。舞台は来年1月27日から2月16日まで、三軒茶屋・世田谷パブリックシアターで上演される。

最終更新:2019/12/11(水) 17:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事