ここから本文です

未来の女王が16歳に! オランダ王室、アマリア王女の誕生日ポートレートを発表

2019/12/10(火) 22:11配信

ELLEgirl

10月22日に行われた天皇陛下の即位礼正殿の儀に出席するために来日、注目を集めたオランダのウィレム=アレクサンダー国王とマクシマ王妃。12月7日(土)に誕生日を迎えた長女のカタリナ=アマリア王女の記念ポートレートを発表した。

今年で16歳になったアマリア王女。写真は父のウィレム=アレクサンダー国王が王宮の庭で撮影したもの。王女は国王の法定推定相続人として、10歳の頃から公の場所にも出席しているけれど、普段は一般のティーンと同じ学校に通っているそう。誕生日のお祝いも豪華には開催しないと、母のマクシマ王妃が明かしている。最近のインタビューで王妃は「大きなパーティは開かない予定です。まだ学校の勉強がたくさん残っているし、年末に向けてお祝い行事もあるから」と王女の誕生日のためだけにイベントは行わないと語っていた。

マクシマ王妃はアルゼンチン出身で、結婚前は金融業界で働いていたキャリアの持ち主。報道によるとアマリア王女も母からスペイン語を習い、話すことができるそう。マクシマ王妃は「アマリアはとても素晴らしい娘であり、私の友達でもあります。彼女をとても誇りに思っている」とも。ゆくゆくは女王になるアマリア王女。妹のアレクシア王女、アリアーネ王女とともにこれからどんな女性になっていくのか、成長が楽しみ!
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:2019/12/10(火) 22:11
ELLEgirl

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事