ここから本文です

【WLN女子部発】くるくる回る花の動きが可愛いGirard-Perregaux(ジラール・ペルゴ)の新作を見てきました

2019/12/10(火) 12:40配信

ウオッチライフニュース

【モデル紹介】

 女性編集者がレディースウオッチの新作を実際に見て、感想を交えて紹介する本企画。今回はGirard-Perregaux(ジラール・ペルゴ)の機械式のレディースコレクション、キャッツアイから“キャッツアイ プラム ブロッサム”を紹介する。

 2世紀以上にわたって、マニュファクチュールとして、本格的な機械式時計を手がけてきたスイスの高級時計ブランド、Girard-Perregaux(ジラール・ペルゴ)。

 マニュファクチュールだけど、革新的な技術をも取り入れる同ブランド。そうした姿勢があらわれているのが、今回の花のスモールセコンドといえるだろう。

 そんなジラールペルゴのレディースコレクション“キャッツアイ”は、その名の通り猫の目のようなオーバルケースを用いた人気シリーズ。2004年の登場以来、本格的な機械式時計のレディースコレクションとして、装飾の技法を含めて時計の伝統技法を施したモデルを発表してきた。

 今回取り上げるのは、2019年の新作“キャッツアイ プラム ブロッサム”。アベンチュリン文字盤のモデルや、文字盤全体にダイヤモンドを使用したものを含め全部で3モデル展開しているなかで、今回は特に人気があるマザーオブパールを用いたモデルに注目してみた。

 実は実機を見せてもらう前からこのモデルのことを知っていたのだが、リリースを読んで一番に気になったのが9時位置にあしらわれたプラムの花。ただの飾りではなくスモールセコンドだということで、どういう動きをするのかずっと知りたかったのだ。
 今回、念願叶って取材が実現。実際にプラムの花を動かしてもらったところ、花の位置はそのままに、花びらが360°回転し始めたではないか。

 これは従来搭載されていたスモールセコンドに花のモチーフを配して完成させたもので、花は60秒で一回転する。小振りな花がくるくると回転する様は、とても可愛らしくて思わず心奪われた。

1/2ページ

最終更新:2019/12/10(火) 12:40
ウオッチライフニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事