ここから本文です

「容疑者の男が2000万円を返しにくる」静岡・浜松市の殺人事件

2019/12/10(火) 19:05配信

静岡朝日テレビ

浜松市の会社社長の男性が殺害された事件で、男性は事件前に「2000万円を返すために容疑者の男が家を訪ねてくる」と妻に伝えていたことが新たにわかりました。

東京都板橋区の会社役員・上山亮容疑者(41)はおととい夜、浜松市浜北区の飲食店グループ社長・中田強太さん(38)の胸や首などを包丁で複数回刺して、殺害した疑いがもたれています。

司法解剖の結果、中田さんの死因は失血と外傷性呼吸不全で、一部の傷は気管に達するほどの深さでした。

捜査関係者によりますと、中田さんは事件前、「知り合いの上山が2000万円返しに来る」と妻に伝えていたことが、新たにわかりました。警察によりますと2人は仕事上の付き合いがあり、上山容疑者は広告関係の会社で役員を務めていました。

●上山容疑者の知人
「嘘だよなっていうのが本当に僕の第一印象。はたから見たら本当にいいお父さん、休みの日は自転車で子どもを見守っていたり、奥さんと一緒に犬の散歩をしたりとか」

●上山容疑者の知人
「迷惑をかけた場合でも
 怒ったりすることもなく、怖そうとかそういう印象ははなかった」

警察は、きのう都内にある上山容疑者の自宅を家宅捜索しました。上山容疑者は事件当日に、自分の車で東京から浜松に向かい、犯行後は高速道路で愛知県に移動したあと、長野県を経由して東京に戻ったとみられます。

上山容疑者は容疑を認めていて、警察は借金をめぐるトラブルが、事件のきっかけになったとみています。

最終更新:2019/12/10(火) 19:05
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事