ここから本文です

寒さに負けない! 快適な眠りのためのお風呂&パジャマ事情

2019/12/10(火) 18:40配信

CanCam.jp

冬本番。外から帰って冷えきった体を温めるにはやっぱりお風呂。でも湯船につかるのってけっこう面倒だったりも…。そして湯上がりはどんな格好で眠る準備に入る? 冬のみんなのお風呂事情&パジャマ事情を聞いてみました!

ジェラート ピケのバレンタイン限定ルームウェアが登場



【Q.冬のお風呂、湯船につかる?】
湯船につかる?

湯船につかる……86%
シャワーのみ……12%
その他……2%
(MyWacoalアンケート/2013年12月1日-12月31日  総計5177人)



忙しくても、眠たくても、湯船につかるのは冬の夜の幸せな時間! というわけで、湯船につかる派が86%という結果!

「1年中湯船につかります」「シャワーだけなんて考えられない。年中、とにかく湯船に使ってぼんやりすることが至福の時間です」「毎日短時間でも絶対お湯につかります」と、冬に限らず入るという声が多数。

「アロマオイルや香りのよい入浴剤を入れると心も身体もリフレッシュするので、いつもそうして入浴しています」「香りを楽しみたいから、冬はミカンを持って入ります(笑)。お風呂上がりの温かい甘いみかんが最高です」など、自分流の楽しみ方を持っている人も。


「シャワーのみ」と回答した人は、「さっと入って時間を有効に使いたい」「時間がなくてお風呂につかる時間がない・・・」など時間的理由や、「一人暮らしだとお風呂をためるのはもったいないので」「我が家は追い炊き機能がないお風呂なので、続けてお風呂に入らないとすぐにお湯が冷めてしまうし、水道代もかかるので、ほとんど湯船につかることがないです」など、住まいの環境によるものも大きいよう。



その他は、「シャワーだけと湯船に入るのを1日おき(ガス代節約のため…)」「休日は湯船につかる。平日はシャワーのみ」「光熱費が気になるので毎日は無理だけど…シャワーと湯船、半々です」と、状況や曜日によって使い分けている模様。


【Q.冬のベッドタイム、何を着て寝てる?】
続いては、お風呂から上がって着替える寝巻きについて大調査。一般的には、夏なら涼しくて汗を吸収するもの、冬なら暖かくて心地いいもの…。と思いきや、寝るときの服装選びは人それぞれの選択基準があるようです。みんなの実生活を聞いてみました!


パジャマ……48%
ルームウウェア……28%
Tシャツ&短パン/スウェット……20%
ネグリジェ……0.9%
裸(何も着ない)……0.4%
その他……1.5%
(MyWacoalアンケート/2016年12月1日-12月31日  総計 5951人)


「パジャマ」と答えた人は、「いくつになっても、パジャマが好きです。これから寝るぞという気持ちの切り替えができるからでしょうか」「今から寝る!って意気込み」「パジャマ以外は考えられない。旅行にもマイパジャマ持参。眠活にパジャマは必須です」など、パジャマは寝心地がいいし気持ちが切り替えられる、というメリットがあるようです。

「ルームウェア」派は、「そのまま宅配対応出来るから」「東日本震災があってから、かわいらしいパジャマが着られないです。いつでも逃げやすいジャージが多いです」「朝はすぐに着替えられないのでルームウェアだとそのまま動けていい」など、いざというときのスタンバイが完璧!



「Tシャツ&短パン/スウェット」と回答した人は、「いらなくなったテニスウェアがパジャマとして生き返ります(笑)」「古くなったTシャツをパジャマ代わりにしています」など、リユース率高し。「火事や地震があった時、そのまま外に飛び出せるようにスウェットを着ています」「かわいいルームウェアに憧れて持ってはいるが、汚れることや動きやすさ、防寒などを考えるとスウェットの出番がいちばん多いです」など、ルームウェア派と同じく万が一に備えている人が多いようです。

「ネグリジェ」、「裸」、「その他」の理由は、「締め付けがなくて楽だから」「開放感があっていいから」「体にまとわりつくのが嫌い。靴下はいたり、首がつまっているようなものもだめ」と、開放感を重視しているみたい。



普段は見ることの少ない他人のパジャマ姿。こだわるポイントはさまざまですが、快適に眠りたい思いはみんな同じ! あなたに最適のナイトウェアが見つかりますように!

最終更新:2019/12/10(火) 18:40
CanCam.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事