ここから本文です

ラウタロの代理人がミラノに到着!アビダルと交渉の可能性

2019/12/10(火) 9:21配信

SPORT.es

ラウタロ・マルティネスの代理人を務めるベト・ヤケとローランド・サラテは既にミラノに到着している。2人は金曜日にミラノに到着し、最低でもインテルが決勝トーナメント進出をかけて挑むCLのバルセロナ戦まではミラノに滞在するだろう。

22歳ラウタロ、バルサが関心寄せるもインテルと契約更新間近

またエリック・アビダルとラモン・プラネスもイタリアを訪問している。彼らの滞在はラウタロ獲得の可能性をチェックするものだと言われている。

ラウタロの代理人とバルサ幹部の滞在は選手側とクラブとの話し合いを可能にしており、バルサがミラノで試合を行うため、今後数日の間に再び話し合いが行われる可能性もある。

現在のところラウタロ・マルティネスの代理人の望みは、インテル・ミラノと交渉を行い、クラブの代表者であるジュゼッペ・マロッタとピエロ・アウシリオとアルゼンチン人FWの将来について話し合うことである。

アントニオ・コンテはいかなる形の息抜きも望んでおらず、インテルの関心は、2023年までの契約を結んでいるラウタロ・マルティネスに契約延長のオファーを出すことである。いずれにせよ、バルセロナへの放出に関する話し合いも行われるだろう。

SPORT

最終更新:2019/12/10(火) 9:21
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事