ここから本文です

「なんでこんなことにお金をかけたんだろう…」先輩花嫁が後悔した「結婚式のムダづかい」

2019/12/10(火) 11:45配信

LIMO

「一生に一度のことだから」「一番きれいな自分を見せたいから」と、こだわればこだわるほど、お金がかかるのが結婚式。その時は満足しても、あとから冷静に考えると、後悔することも。

そこで今回は、これから結婚式を挙げるプレ花嫁のために、先輩花嫁が結婚式でお金をかけすぎて後悔したポイントと費用を抑えるコツをまとめてみました。

料理での後悔

「料理はケチらない方がいいと聞いていたので、カタログから一番高いものをチョイス。ところがゲストにお酒好きな方が多く、飲むばかりで手つかずの料理がたくさんあったそう。女性ゲストには量が多かったとも言われたし、これならもう少し下のランクの料理で良かったかも…」

「女性ゲストや年配ゲストのために1人1,000円の追加料金で、飲み放題にカクテルと日本酒を追加。でも思ったほど飲む人がおらず、だったら追加なしかオーダーがあった分だけ実費でお支払いにすれば良かったです」

ゲストをもてなすお料理は、失礼のないのようにお金をかけたいと思うもの。とはいえ、過剰なサービスは結局ムダになってしまうこともあります。

披露宴の料理を決める際は、試食会などを利用して料理を体験してみるとともに、ゲストの性別や年齢層の比率を考えながら選ぶとよいでしょう。

会場装花での後悔

「メインテーブル、ゲストテーブル以外にも受付やマイク、ケーキナイフなど、装花だけで何項目も! 式場に言われるままに装花を飾ったら、それだけで30万円ほどの費用がかかりびっくり!」

「ゲストテーブルの装花は、小さいとケチったと思われそうなので、大き目の物を用意しました。でも当日はグラスやお皿、カトラリーが一緒に並ぶのでちょっと節約してもバレなかったかも…」

会場を美しく彩る装花ですが、意外とゲストの記憶には残らないことも。会場の雰囲気や全体のバランスを見て、節約できるところは削っていきましょう。

例えば、受付テーブルはウェルカムボードやコットンボールなどで飾り付ける。マイクやケーキナイフはリボンを巻くなどすれば、華やかさはそのままに節約ができます。

1/3ページ

最終更新:2019/12/10(火) 15:55
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事