ここから本文です

「お金がなかなか貯まらない」が口癖の人にオススメ!誰でも継続できる「お金が貯まる3つの習慣」

2019/12/10(火) 19:16配信

LIMO

今までの行動をちょっと変えるだけで、お金に対する意識を向上させることができます。貯金をうまく増やせない人は、毎日の習慣を見直してみることが大切。

上手に貯金をしている人の習慣を取り入れ、自然とお金が貯まっていく環境を整えましょう。

まずは、今回ご紹介する3つの習慣からスタートしてみてください。お金が貯まらない理由が見えてきて、貯めるための方法が掴めてくるはずですよ。

1.家計簿をつけてお金の流れや改善点を掴む

貯金するうえで重要なのは、お金の流れをつかむこと。そのためには、家計簿をつけて家計の状況を把握する必要があります。ごく普通のノートに記録していくだけでいいので、毎日の支出や固定費などを1カ月ごとにまとめてみましょう。数カ月続けると、食費や光熱費などの波が掴めてきますよ。

そのうえで、「食費が多いから月4万円以内に抑えよう」「書籍代がかさんでいるから図書館を活用しよう」といった改善点を決めていきます。支出額が多くて目立つ項目から着手すれば、節約効果も高まるでしょう。

また、家計簿をつけるついでに毎日のレシートチェックをするのもおすすめです。「コンビニでお菓子を買い過ぎている」「ドラッグストアで不要なものまで買う傾向がある」といった改善点に気づけるかもしれません。買い物のタイミングや内容に目を通し、日常生活のなかに潜んでいる問題点を探し出してみましょう。

2.毎日の支出を少しずつ抑える

家計簿やレシートをチェックしていると、「毎日のランチ代がかさんでいる」「ペットボトルを1日1本購入している」と気付く方も多いのではないでしょうか。1回のランチ代が1,000円の場合、月20回とすると2万円もの出費に。150円のペットボトルを月20回購入していると、3,000円も払っていることになります。

このような毎日の支出は、お弁当や水筒を持参することで抑えることができますよね。夕飯を多めに作って翌朝詰め込むだけの状態にしておく、水出しできる商品で手間なくお茶を用意するなど、継続しやすい方法を探してみてください。

買い物のついでに不要な商品まで買ってしまう人は、買い物リストを用意しておいたり、1回の買い物の予算を決めておくといった手もあります。まずは毎日の生活を振り返り、節約できそうな部分がないかをチェックしてみましょう。

1/2ページ

最終更新:2019/12/10(火) 19:16
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事