ここから本文です

じいじ・ばあばからのクリスマスプレゼントが悩みの種に!?子どもの行事にいつまで呼ぶ?

2019/12/10(火) 20:10配信

LIMO

もうすぐクリスマス、大人も子供も楽しみなシーズンの到来です。特に子供たちは、プレゼントを心待ちにしていることでしょう。親が用意する「サンタさん」からのものだけでなく、両家の祖父母からプレゼントが届く家庭も多いかと思います。ところがママたちのなかには、その「祖父母からのプレゼント」が毎年の悩みの種になっているという人も。

また、クリスマスをはじめ子どもに関する年間の行事やイベントにいつまで義両親を呼ぶべきなのか、そもそも声をかけないでしまってもいいのか、悩んだ末のママたちの対応にはいくつかパターンがあるようです。

今回は、そうした【プレゼントやイベントにまつわるじいじ・ばあば問題】で悩んでいる、あるいは我が家はこんなふうに上手くやっている! というママたちのエピソードをご紹介します。

気持ちは有難いけれど…モヤモヤしてしまう義実家からのプレゼント

特に田舎に暮らす義両親は、息子がいくつになっても、アレコレ理由をつけては物を送ってきたりします。そこにかわいい孫が誕生したとなれば、クリスマスに限らず誕生日に入園・入学にとお祝いのたびに張り切ってプレゼントを用意してくれるのですが、中には嫁や母親の立場とすると困惑してしまうような物も少なくありません。

・「義実家のある地方のしきたりなのか、とんでもなく大きな節句人形を贈られました。飾るためのスペースもオフシーズンに仕舞っておく場所もなくて、本当に困っています。ひと言でも相談してもらえたら、我が家にあったサイズのものをお願いできたのに…」

・「おしゃれが好きという義母は、私や娘にもしょっちゅう服やバッグなど身に着けるものを送ってきます。趣味に合わないものを貰っても使わないし、だからといって捨てるのもしのびないので、ただただ収納スペースを圧迫していて…正直迷惑だけど、断るに断れず困っています」

・「『大は小を兼ねる』という、田舎あるあるな発想の義両親からは、とても我が家の人数では食べきれない量の食材が送られてきます。野菜は使い切れずに大量の生ごみになるし、お菓子は賞味期限が近いものだったりして、思わず『嫌がらせなのでは!?』と勘ぐってしまうような贈り物ばかりです。本人たちはあくまでも良かれと思ってやっているんだと思いますけど…」

「ありがとうございます」と笑顔で受け取りながらも、内心「またか…」と辟易している様子が目に浮かびます。かつては「貰っても困るプレゼント」に悩まされていた人が、義両親とも気安く話せるような間柄になってからはさりげなく自分たちの希望を伝えられている、という例もあるようですので、どうせ貰うのならば嫁の側から欲しいものを上手にリクエストできる術を身に着けるのがいいのかもしれません。

1/2ページ

最終更新:2019/12/10(火) 20:10
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事