ここから本文です

外国人が「知らなくて困った」ルール1位「ゴミの捨て方」世界のゴミ分別事情

2019/12/10(火) 19:45配信

LIMO

毎日のことなのに、つい手間に感じてしまうゴミの分別。一般的に日本のゴミ分別ルールは、世界的に見ても細かく、厳しいといわれます。それにともない、日本での「ゴミの捨て方」に困惑する訪日外国人も多いとのことです。今回は、株式会社YOLO JAPANが実施したアンケート調査を元に、世界のゴミ分別ルールとリサイクル事情についてお話します。

外国人が日本で「知らなくて困った」ルール1位

株式会社YOLO JAPANは2019年11月、世界72ヵ国513名を対象に「日本のルールやマナーに関するアンケート調査」を実施。同調査によると、過去に来日した外国人が「知らなくて困ったマナー」として、日本でのゴミの捨て方が最多となりました。回答者からは、以下のようなコメントが寄せられています。

“「自治体指定のゴミ袋があることを知らなかった」(オーストラリア、40代、女性)”
“「ゴミを前日の夜に出してはいけないと知らなかった」(アメリカ、50代、男性)”
“「可燃ゴミと不燃ゴミの違いが分からなかった」(マレーシア、20代、女性)”

日本のゴミ分別ルールが、自治体によって異なるはご存じの通り。たとえ基本的なルールをわかっていても、「地域(自治体)による違いを把握するのは困難」といった声がありました。さらにマイナビニュースが実施した「日本のゴミ出しルールに関するアンケート」では、以下のようなコメントも寄せられています。

“「ゴミ分類は面倒だと思う。中国では分類はしない」(中国 / 20代半ば / 男性)”
“「日本に行われるごみ分別は厳しいと思います。母国では分別をする必要がないし、燃えるゴミとボトルにだけ分かれています」(スペイン / 30代前半 / 男性)”
“「香港でもゴミの分別をやっていますが、日本みたいに徹底してないです。日本のゴミ分別は細かいです」(香港 / 20代後半 / 女性)”

日本のゴミ分別ルールが厳しすぎるのか、あるいは海外が緩いのか……そもそも海外のゴミ分別ルールは、一体どのようになっているのでしょうか?  

1/3ページ

最終更新:2019/12/10(火) 19:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事