ここから本文です

マイクロソフト、人工知能の問題点をブロックチェーンで解消へ

2019/12/10(火) 6:00配信

CoinDesk Japan

マイクロソフト(Microsoft)は、顧客企業の人工知能(AI)に対する恐怖心を払しょくさせるための手段として、ブロックチェーン技術を売り込んでいる。

AIを警戒する消費者と同じように、企業も機械学習アルゴリズムが大量のデータセットに無差別に適用される「ブラックボックス」に全幅の信頼を置くことに対して不安を持っている。しかし、何千社もの企業のデータ管理を手掛けるマイクロソフトは、ブロックチェーンによって信頼および透明性が高まり、そのような懸念が緩和すると主張する。

それを支えるのは、アジュール・ブロックチェーン・データ・マネージャー(Azure Blockchain Data Manager)という新しいツールで、マイクロソフトがフロリダ州オーランドで開催した年次カンファレンス「イグナイト(Ignite)」で公表されたが、企業トークン作成のためのプラットフォームが発表されたことで霞んでしまった。

ブロックチェーン・データ・マネージャーは、オンチェーンのデータを取り出し、他のアプリケーションにつなげる。つまり、ノードからのトランザクションデータやスマートコントラクト内のトランザクションデータを、他のデータベースやデータストアに送ることができるのだ。これはAIを活用できるような分野であり、サプライチェーンの場合には、モノのインターネット(IoT)の情報を向けることができる分野である。

「製造業から、エネルギー業界、公共部門から小売業界まで、AIはすべての分野で事業をデジタルに変容させています」と、マイクロソフトのクラウドコンピューティング事業、マイクロソフト・アジュール(Microsoft Azure)のブロックチェーンエンジニアリング担当の主任プログラムマネージャーであるマーク・マーキュリ(Marc Mercuri)氏は述べた。「ブロックチェーンは、アルゴリズムから出入りするデータまで、すべてが確実に信頼できるものであるようにすることができます」

ダウンストリームデータ分析の信頼の要として機能することは、ブロックチェーンにとってはかなり抽象的で控えめなイノベーションのように聞こえるかもしれない。しかしブロックチェーン自体は、熱狂の最初の波に乗った企業に対して具体的な利益をほとんどもたらさなかった。

1/3ページ

最終更新:2019/12/10(火) 6:00
CoinDesk Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ