ここから本文です

ソニック役は誰? 疾走感MAX『ソニック・ザ・ムービー』日本語吹き替え版特報解禁

2019/12/10(火) 17:00配信

クランクイン!

 日本発の人気ゲームキャラクター、ソニック・ザ・ヘッジホッグをハリウッドで実写映画化する『ソニック・ザ・ムービー』より、日本語吹き替え版特報が解禁された。いまだ誰が担当しているかは明らかにされていないままだが、吹き替え版ソニックのセリフも登場する。

【写真】『ソニック・ザ・ムービー』場面写真


 本作は、1991年に1作目が発売されて以来、世界的な人気となっているセガ・エンタープライゼス(現:セガゲームス)の人気ゲームシリーズ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の実写化。故郷を離れ遠い地球にやってきたソニックが、ひょんなことから出会った保安官トムと相棒となり、ソニックのスーパーパワーを狙うドクター・ロボトニックの野望を阻止するために大冒険を繰り広げる

 ソニックとバディを組むことになる保安官のトム役を、映画『X‐MEN』シリーズのサイクロプス役などで知られるジェームズ・マースデンが務め、ドクター・ロボトニック役は、映画『マスク』などのエキセントリックなキャラクター演技が映画ファンの記憶に残るジム・キャリーが演じる。映画『ワイルド・スピード』シリーズのニール・H・モリッツと、『デッドプール』のティム・ミラーがプロデュースし、メガホンをとるのは、アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネートのジェフ・ファウラー。本作が実写初監督となる。

 解禁された30秒の日本語吹き替え版特報には、ソニック自慢の超高速アクションで世界中を駆け巡りながら、追ってきた大型車を吹っ飛ばしクールな表情を浮かべたり、トムの愛犬と張り合いつつ一瞬にして打ち解けるチャーミングな一面、ティーンエイジャーらしい少し調子乗りで憎めない魅力が映し出されている。そのほか、激しいピンチの連続にもトップギアで立ち向かっていく疾走感満載の映像も登場し、スーパー・スピード・アドベンチャーに期待高まる仕上がりとなった。

 そして本国アメリカではベン・シュワルツ(『スター・ウォーズ』シリーズのBB‐8役など)が声優を務めているソニックを、日本では誰が演じているのか。声優名は近日中に発表予定。

 映画『ソニック・ザ・ムービー』は2020年3月27日全国公開。

最終更新:2019/12/10(火) 17:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事