ここから本文です

【ウインターカップ注目選手】藤田和(岐阜女子)「冷静沈着なゲームメイクが特長のポイントガード」

2019/12/10(火) 12:05配信

バスケットボールキング

12月23日から武蔵野の森総合スポーツプラザとエスフォルタアリーナ八王子で幕が開ける「SoftBank ウインターカップ2019 令和元年度 第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会」。今年度から出場チームが例年の男女各50チームから60チームに拡大し、頂点までの道のりは一層険しくなった。そんな高校バスケット界最高峰の大会を前に、バスケットボールキングでは今大会で注目すべき選手を紹介していく。

■ウインターカップ女子注目選手(4)藤田和(3年/岐阜女子高校/岐阜県)

 針の穴を通すようなピンポイントのパスで相手を翻弄するのが岐阜女子高校3年の藤田和だ。速さと強度はあるものの、受け手の取りやすい優しさも加わったパスは、これまで幾度となく得点シーンを演出してきた。

 藤田の所属する岐阜女子は、今年のインターハイでは決勝戦で桜花学園高校(愛知県)に敗れて準優勝。「前半はドライブを仕掛けてシュートも打てたのですが、後半の疲れた時にシュートが全然入らなくて……。後半に決めきる力がなくて負けてしまったと思います」と藤田は試合を振り返る。

 その藤田自身、夏の悔しさをバネに冬に向けて取り組んできたのは“シュート”。「確率を上げること、シュートを決め切れる練習をしてきました」と言う。

 昨年からスターターを担っている藤田だが、優勝した昨年のウインターカップではケガにより不出場。3年ぶりとなる歓喜の瞬間は応援席にいた。

「昨年は(試合を)見ていた側だったので、優勝はうれしかったのですが、個人としては悔しい思いが大きかったです。だから今年のウインターカップでは、自分がチームを日本一に引っ張っていきたいという思いは強いです」と力強く語った。

 試合ではどんな競った場面でも落ち着いたプレーが目を引く司令塔。「落ち着いてプレーするのは自分の仕事。それに私が焦っているところを見せたら、みんなも焦ってしまうので、そこは意識しています」と頼もしいコメントも発した。

「強みはアシストですが、アシストだけでなく自分でも点が取れるようにもしたいし、ディフェンスでまだ失点が多いので、キーマンを付くとなった時はしっかり押さえていきたい。今までの練習の成果を全部出し切りたいです」と、指揮官も信頼を置くポイントガードは、来る最終決戦に向けて目を輝かせた。

文=田島早苗

BASKETBALL KING

最終更新:2019/12/10(火) 12:05
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事