ここから本文です

「品川ナンバー」に高値が付くのは本当? 中古車売買で聞かれる噂の真相とは

2019/12/10(火) 16:10配信

くるまのニュース

「品川ナンバー」は高く売れるという噂は、本当なのか?

 クルマのナンバープレートには、管轄する地域の名称が付けられています。なかでも、東京都の「品川ナンバー」は昔からダントツの人気を誇ります。

【画像】希望ナンバー 品川でなぜか多い「3298」の正体

 その人気のためか、中古車を売買する際に「品川ナンバー」が付いていると高値で売ることができる、という噂が昔からあるようです。ナンバーの地域名で売値が変わるという噂は、本当なのでしょうか。

 品川ナンバーが人気の理由には、取得できる管轄エリアが関係しています。

 品川ナンバーが取得できる地域は都内の、品川区、渋谷区、千代田区、中央区、目黒区、港区、大田区、と、一般的に高級住宅街とされる地域となっているため、「品川ナンバー=高級」というイメージを強くしているとされています。なお、世田谷区は、2014年11月16日までは品川ナンバーが取得できましたが、翌17日以降は「世田谷ナンバー」のみ取得可能です。

 また、品川ナンバーを取得するために「車庫飛ばし」といわれる不正行為も存在するとのことです。本来であれば品川ナンバー以外の管轄エリアであるにもかかわらず、車庫証明の手続きをする際に一時的に住民票を移したり、警察署に届ける書類を偽装することで、希望の地域のナンバープレートを取得する手口です。

 これはもちろん違法で、見つかった場合には20万円以下の罰金を支払わなければいけません。

 そんな注目されやすい品川ナンバーですが、「高く売れる」とのウワサがあります。引っ越してもナンバーを変えず、品川ナンバーのまま売ると買取価格がアップするというのですが、果たして本当なのでしょうか。

 東北の中古車販売業者は、以下のように話します。

「品川でなくても東京のナンバーだと査定額が上がる、というウワサは聞いたことはあります。しかし、当店では査定額にまったく影響はなく、知り合いの同業者からもそのような話は聞きません。お客さまは、ナンバーではなくクルマの状態を最優先に選んでいます」

 やはり単なる噂だったのでしょうか。しかし、関西の中古車販売業者からは、以下のような話がありました。

「東北や海沿いの地域から来たクルマは、除雪剤や潮風による『塩害』でクルマが傷んでるのではないかと、ひどく敬遠されるお客さまは時々いらっしゃいます。また、海外の人が売られたクルマを異常に嫌う人も稀にいらっしゃいます。

 品川ナンバーの話は、あくまでそういった『一部の人々』の間で広まったウワサなのではないでしょうか」

※ ※ ※

 新車で取り付ける場合の品川ナンバーは人気のようですが、中古車市場でのウワサは、ごく一部の人々の話でしかなかったようです。

 しかし、クルマのナンバーにはこだわりを持つ人も多く、乗り換えるたびに同じ数字や縁起の良い数字を希望する人も珍しくはありません。

 さらに、ご当地ナンバーや記念ナンバーなどの絵柄があるナンバーも人気が高まりつつあり、街中でもちらほらと見かける機会が増えてくるなど、昔とは違うナンバープレートのトレンドがあるようです。

1/2ページ

最終更新:2019/12/10(火) 21:20
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事