ここから本文です

国家ぐるみでドーピングのロシア、主要大会4年間出場禁止処分…東京五輪やカタールW杯出場不可に

2019/12/10(火) 8:25配信

超WORLDサッカー!

ロシア代表が一定期間にわたり、主要な国際大会からの締め出しを食らった。イギリス『BBC』が報じている。

ロシアは国家ぐるみでドーピング検査時のデータを改ざんしたり、削除した疑い。世界アンチドーピング機構(WADA)は9日、そのロシアに対して、今後4年間にわたり、オリンピックや、パラリンピック、ワールドカップ(W杯)を含む主要国際大会の出場禁止処分を決定した。

これにより、ロシアは2020年の東京オリンピック、パラリンピックをはじめ、2022年のカタールW杯に国としての参加が不可に。ドーピング疑惑の潔白を証明した選手は個人資格で参加可能だが、その際も2018年の平昌冬季オリンピック時と同様、国旗や国歌は禁じられている。

一方、来年に開幕が迫るユーロ2020は、ロシアも問題なく参加可能。主催する欧州サッカー連盟(UEFA)がWADAの「主要国際組織」に含まれていないため、今回の処分に当てはまらないからだという。

超WORLDサッカー!

最終更新:2019/12/10(火) 8:25
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事