ここから本文です

イングランドで苦しむイタリアの新星・ケアン、ボローニャが交渉スタート?

2019/12/10(火) 21:50配信

超WORLDサッカー!

日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャが、エバートンのイタリア代表FWモイゼ・ケアン(19)を照会したようだ。

ユベントスの下部組織で育ったケアンは、昨シーズンにプチブレイク。すると今夏完全移籍でエバートンへと加入した。

しかし、プレミアリーグ11試合に出場しながらもノーゴール。プレミアリーグでの先発もわずか2試合と、不調のチームにあって、ケアン自身も適応に悩んでいる状況であり、難しいシーズンを過ごしている。

そん中、ケアンに救いの手を差し伸べるのがボローニャのようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、来年1月の移籍市場でのレンタル移籍でエバートンとボローニャが話し合ったとのことだ。

ボローニャは、ロサンゼルス・ギャラクシーを退団した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(38)の獲得にも手を挙げていたが、ミラン行きが濃厚と見られており、諦めたようだ。

ケアンは、2017-18シーズンはレンタル移籍先のエラス・ヴェローナでセリエA19試合に出場し4ゴール、2018-19シーズンはユベントスでセリエA13試合に出場し6ゴールを記録している。ボローニャとしては得点力を強化したいところだが、獲得は実現するだろうか。

超WORLDサッカー!

最終更新:2019/12/10(火) 21:50
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事