ここから本文です

【うっとり オフホワイトの世界】DS 3クロスバックに、新内装色 40台限定のリヴォリ

2019/12/10(火) 15:05配信

AUTOCAR JAPAN

オフホワイトのレザー

仏DSオートモビルのコンパクト・ラグジュアリーSUV「DS 3クロスバック」に、新たな内装色が加わった。

【写真】DS 3クロスバック ラグジュアリーな内装【色ちがい】 (107枚)

ダッシュボード、ドアトリム、シートサイド・サポートに「オフホワイト」のナッパレザーを採用したもので、最上級グレードの限定仕様として日本に導入される。


モデル名は「DS 3クロスバック・グランシック・リヴォリ」。

パリで最もファッショナブルな通りとして知られるリヴォリ通りの名を与えられた。

ステアリングも真っ白

グランシック・リヴォリの室内は、ご覧のように極めてエレガントな空間となっている。

ステアリングホイールまでもオフホワイトで仕上げられており、柔らかな座り心地のシートは座面中央を、あえて同色のファブリックとした。

足もとを飾るのは、カタログ・モデルのグランシックとは異なるデザインの18インチ・ホイール。

全長×全幅×全高:4120×1790×1550mm
エンジン:1199cc直列3気筒ターボ
トランスミッション:8速オートマティック
最高出力:130ps/5500rpm
最大トルク:23.5kg-m/1750rpm

Eテンス 2020年日本導入

グランシック・リヴォリの外装色は、ブラン パール ナクレ(白)、ブルー ミレニアム(青)、ノアール ペルラネラ(黒)の3種類を用意し、バイトーン・ルーフの設定もある。

DS 3クロスバック・グランシック・リヴォリは、40台限定。価格は416万円。

実は、リヴォリのインテリア・インスピレーションは、2020年に日本導入予定のフルEV「DS 3クロスバックEテンス」の標準仕様となるもの。それを台数限定で先行導入した形となる。

AUTOCAR JAPAN

最終更新:2019/12/10(火) 15:05
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事