ここから本文です

伝統的な薬草 ユリ科「クヮンソウ」 睡眠改善の効果を実証 クレイ沖縄、機能性表示食品の届け出へ

2019/12/10(火) 5:10配信

沖縄タイムス

 健康食品を製造・販売するクレイ沖縄(那覇市、渡嘉敷哲代表)は5日、県庁で記者会見し、ユリ科の植物クヮンソウ(和名・アキノワスレグサ)の睡眠改善作用を臨床試験で実証したと発表した。来年1月をめどに、同社が販売するクヮンソウを使用した商品を「機能性表示食品」として消費者庁に届け出し、同年5月ごろの販売を目指す。

この記事の他の写真・図を見る

 同社は昨年12月からことし2月にかけて、那覇西クリニックの玉城研太朗診療部長と関西福祉科学大学の竹田竜嗣講師の協力を得て、睡眠の質に問題を抱える成人男女32人を対象に、2週間の臨床試験を実施。睡眠前にクヮンソウエキスが入ったカプセルを飲ませ、睡眠時の脳波を測定した結果、入眠時間が早くなり、就寝中に脳が目覚める中途覚醒が減少。深い眠りの状態を指す「ノンレム睡眠」の割合が増加した。

 クヮンソウには、睡眠改善に効果があるアミノ酸の一種「オキシピナタニン」が含まれている。今回の結果を受け、同社は、オキシピナタニンの含有量を多く含んだ状態で製造する方法を特許として申請している。

 同社は来年5月をめどに、クヮンソウを使った全商品を「機能性表示食品」として販売する準備を進めている。クヮンソウの効能を認知しているインバウンドの中国人や、海外の華僑をターゲットに販路拡大を目指す。

 同社の渡嘉敷代表は「沖縄の伝統食材のクヮンソウを沖縄ブランドとして、世界に広げたい」と意気込んだ。

 クヮンソウは、沖縄や台湾など温暖な地域に育つ伝統的な薬草で、睡眠効果やリラックス効果があるとされ、琉球王朝時代から、人々の間で食されてきたとされている。

(写図説明)(上)クヮンソウの睡眠改善作用実証を発表した(右から)クレイ沖縄の渡嘉敷哲代表、関西福祉科学大学の竹田竜嗣講師、那覇西クリニックの玉城研太朗診療部長、県発明協会の宮川準氏=5日、県庁

(写図説明)(下)睡眠改善に効果があるとされるクヮンソウ

最終更新:2019/12/10(火) 5:10
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事