ここから本文です

【MLB】ア軍“サイン盗み”の証言者はヒーロー、告発者? 米で賛否両論「勇敢」「最低なヤツ」

2019/12/10(火) 7:45配信

Full-Count

アスレチックスのマイク・ファイアーズ投手が米メディアに

 サイン盗み疑惑が大問題となっているアストロズ。2017年に所属していた4選手が、本拠地での不正を米スポーツメディア「ジ・アスレチック」に証言し物議を醸している。名前を明かして語った現アスレチックスのマイク・ファイアーズ投手には賛否両論が起こっていると、米「ヤフースポーツ」が伝えている。

【動画】右手のバチを弾くとゴミ箱を叩いてサインを知らせる!? アストロズの“サイン盗み”ボブルヘッドの実際の映像

 ファイアーズの証言を伝えた「ジ・アスレチック」の記事によると、アストロズは本拠地ミニッツ・メイド・パークのセンターに設置されたカメラで相手捕手のサインを捉え、それがホーム側ダグアウトとクラブハウスのトンネルの壁に設置されたモニターに表示、スタッフと選手は試合中にスクリーンを見てサインの解読を試みていたという。ファイアーズは「サインを解読できたら、大きな音、トンネルにあるごみ箱を叩いて伝えた。叩いた時は変化球を示していた」と話した。

 これにア・リーグ西地区のある選手は「勇敢だ。称賛するよ」と称賛を送ったが、一方では批判の声も挙がっている。元アストロズの選手は「最低なヤツだ」と苦言。現アストロズの選手も「リングとワールドシリーズ(WS)の分配金を返却して」と、2017年に世界一となった際の恩恵を返上するようにと皮肉ったという。

 ファイアーズの行動に一定の理解を示す人もおり、2017年ポストシーズンでアストロズに負けたチームの選手は「彼は正しいことをした。でも、彼をヒーローだとも悪者だとも思わない。彼が悪者扱いされないといいが」と話し、某球団のスカウトも「2年後ということで、ヒーローではない。私だったら告発していなかったが、彼がそうしたことは責めない」と語ったと同記事は掲載している。

 ファイアーズはアストロズがサイン盗みを行っていたと主張した2017年当時はこの件について語らず、2年経った今になって口を開いた。同記事も「それはMLBに対してではなく、メディアに対してだった」と問題解決の方法に疑問を呈している。元メジャーリーグ選手は「(ヒーローと告発者の)両方かな? 目撃した時に明かしていたら、もっと勇敢だったと思う」と指摘。チームを離れてから“暴露”したファイアーズには賛否両論の声が上がっている。

Full-Count編集部

最終更新:2019/12/10(火) 7:45
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事