ここから本文です

マクラーレン、レースカー譲りの公道仕様「620R」を限定販売

2019/12/11(水) 11:19配信

carview!

英マクラーレン・オートモーティブは12月9日、新型スーパースポーツカー「620R」を台数限定で発売すると発表した。

【写真をもっと見る(8枚)】

マクラーレンのラインナップに新たに追加されるのは、モータースポーツにインスパイアされた限定350台のスペシャルモデル。エントリーカテゴリーの「スポーツ」シリーズに加わった620Rだが、実際にはモデルヒエラルキーを超越する存在と位置付けてよいだろう。何といっても、実態はプライベーター向けマシン「570 GT4」を公道仕様とした超硬派なドライビングマシンなのだ。

620Rの生産工程はマクラーレンによるとすべてがハンドメイドで、パワーユニットはネーミングどおり620馬力/620Nmとシリーズ中もっともパワフルな3.8LツインターボV8となる。パワーは7速シームレスシフトギアボックスを介して後輪へ伝えられ、乾燥重量わずか1,282kgの超軽量ボディを2.9秒で100km/hまで引っ張り上げる。さらに、0-200km/hは8.1秒、そのままアクセルを踏み続ければ322km/hの最高速に達する。

ハイパワーに対応してストッピングパワーも強化。サーキットに最適なセッティングが施されたブレーキシステムはフロント390mm、リア380mmの大径セラミックローターを備え、確実な制動力を発揮する。耐フェード性が高められた鍛造アルミ製のキャリパーも、ラップタイム短縮に貢献する装備だ。

足まわりには570 GT4譲りの32段階マニュアル調整式コイルオーバーダンパーや、軽量なアルミニウム製ウィッシュボーン、さらにステンレス製サスペンショントップマウントなどを装備。大型リアスポイラーや改善されたボディワークにより、250km/h時のダウンフォースは185kgに達し、サーキットでの安定性を高めている。オプションでサーキット専用のスリックタイヤが用意されるのも、620Rがいかに走りに特化したモデルかを示す事実だ。

英国価格はサーキットでのドライビングプログラム含め250,000ポンド(約3,570万円)と発表されており、2020年2月に最初の1台が顧客のもとへ届けられる予定。もっとも、その頃には350台すべてが完売している可能性もある。

株式会社カービュー

最終更新:2019/12/11(水) 11:19
carview!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事