ここから本文です

イーロン、Cybertruckで駐車場のパイロンをなぎ倒す

2019/12/11(水) 10:00配信

ギズモード・ジャパン

せっかくカッコ良かったのが台無し!

億万長者のテック牽引者イーロン・マスクが、L.A.近郊のマリブ・ビーチで注目を浴びています。土曜日の夜、お金持ちばかりが住むこの土地にある高級レストランに現れたイーロン兄貴は、まだ発売されていないTeslaのCybertruckで登場。そして颯爽と立ち去るときに、ちょっと恥ずかしいアクシデントが起こりました。レストランの駐車場から出るときに、輝く新車のCybertruckでパイロンを倒してしまったのです。

【全画像をみる】イーロン、Cybertruckで駐車場のパイロンをなぎ倒す

これにはTwitterユーザーが、「誰が運転してるんだ? イーロン? オートパイロット?」とジョークを飛ばしています。

食事をしていたレストラン

マスクが食事をしていたのは、L.A.の高級レストランのひとつとして超有名な和食のノブ・マリブ。セレブ系のニュースサイトTMZでは、ノブの駐車場係員により、通行人がCybertruckを見られる中央より手前の位置に停められた、と報じられています。マスクは食事中、俳優のエドワード・ノートンと一緒に駐車場にやって来て、自慢の新車を披露した瞬間もあったのだそうな。

Cybertruckは11月21日に鮮烈なデビューを飾りましたが、防弾ガラスの強さを見せつけるデモにて、ガラスが粉々にひび割れる、という気マズいお披露目になりました。そして週末のパイロンもまた、こっ恥ずかしい失敗となってしまったのでした。

Cybertruckには、サイドミラーやワイパーといった、基本的な安全機能がないようです。車両のデカさと形状からして、死角があっても良さそうです。なのでそうした機能があれば、もしかしたらマスクはパイロンを倒さずに走れたかもしれません。

投稿された動画の音を聞いてみると、パイロンが倒れたときには結構大きな衝突音があります。ですがその音がマスクの耳に届かなかったか、気にしなかったかわかりませんが、とにかくそのまま走り去ってしまいました。

1/2ページ

最終更新:1/15(水) 14:13
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事