ここから本文です

ホンダジェット、中国で初納入 広州拠点に販売

2019/12/11(水) 12:37配信

Aviation Wire

 本田技研工業(7267)の航空機事業子会社ホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)は現地時間12月10日、小型ビジネスジェット機「HondaJet Elite(ホンダジェット エリート)」の中国での引き渡しを始めたと発表した。

 HACIは今年8月に、ホンダジェットの中国での型式証明をCAAC(中国民用航空局)から取得。機体の安全性を中国当局が証明したことで、中国でも顧客へ納入できるようになった。米国のHACI本社で、中国のディーラー「HondaJet China」へ初号機を引き渡した。

 HondaJet Chinaは広州白雲国際空港に拠点を置き、2017年10月から中国でホンダジェットの受注獲得をはじめ、営業やサポートを展開している。

 ホンダジェットの今年上期(1-6月期)の引き渡しは17機で、小型ジェット機カテゴリーでは3年連続の世界最多納入になった。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:2019/12/11(水) 12:37
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事