ここから本文です

EV版Aクラス、メルセデスベンツ『EQA』は5ドアSUVで市販化へ

2019/12/11(水) 8:00配信

レスポンス

メルセデスベンツが開発を進める『Aクラス』の電動バージョン、『EQA』市販型プロトタイプをスクープサイト『Spyder7』のカメラが初めて捉えた。

[関連写真]

「EQ」はメルセデスベンツのEVブランドとしてスタート、第一弾として『EQC』が発売されている。これまで『EQB』、『EQS』などのテスト車両を目撃しており、そのラインアップは徐々に拡大されている。

豪雪のスカンジナビアで捉えたEQAプロトタイプ。すでに市販型ヘッドライトを装着し、『GLA』に非常によく似たシルエットが見てとれるが、独自のトリムや照明、グリルなどで差別化されるだろう。また右後部側面には充電コネクタを装備していることからもEVモデルであることがわかる。

フランクフルトモーターショー2017で初公開された『コンセプトEQA』は3ドアハッチバックだった。しかし捉えた開発車両から、市販型では約100mmリフトアップされ、5ドア・クロスオーバーSUVとして発売される可能性がある。これによりヘッドルームとレッグルームが改善、十分なスペースが確保されるのは間違いないだろう。プラットフォームはEQC同様に「MAF II」を採用する。

コックピットには、『Aクラス』新型と共通するデュアルスクリーンインフォテインメントシステム、ダッシュボード上に3つのレジスター、その下にトグルスイッチが設置されるはずだ。

フル充電による最大航続距離は298マイル(480km)と予想されるが、出力、航続、価格によりいくつかのバリエーションがラインアップされる可能性も高いほか、AWDモデルの設定も予想される。

同社では、「EQA」「EQB」「EQC」「EQE」「EQG」「EQS」をすでに商標登録しており、2025年までに10車種以上のフルEVモデルを市場に投入する計画を持っている。EQA市販型のワールドプレミアは2020年後半、あるいは2021年以降となりそうだ。



《レスポンス Spyder7編集部》

最終更新:2019/12/11(水) 8:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事