ここから本文です

【クイーン賞予想】本日開催!クイーン賞の本命は過去5年連対中のJRA勢!地方馬はどこまで食い込めるか?

2019/12/11(水) 11:00配信

netkeiba.com

 12月11日(水)船橋競馬場で第65回クイーン賞が行われる。

 今年はJRA所属馬4頭、他地区地方所属馬3頭、南関東所属馬5頭の12頭立てとなった。

 以前は2009年に川崎のユキチャン、2011年に船橋のクラーベセクレタが勝利するなど地方所属馬も優勝争いに加われていたが、過去5年ではJRA勢が10連対していて地方所属馬から連対馬は出ていない。

 そのJRA勢の中でも本命に挙げたいのがアンデスクイーン。前走は牡馬相手のJBCクラシックで相手も強く、小回りで直線の短い浦和は向かなかった印象。牝馬同士ではブリーダーズゴールドC、レディスプレリュードを制しているし、直線の長い船橋コースになるのもプラス。鞍上にはO.マーフィー騎手を迎えることからも期待は十分だ。

 またプリンシアコメータも不利があってこの馬らしい競馬ができなかった前走は度外視できるし、その前の3戦は連対を外していないことからもスムーズなら勝ち負け可能。2017年の覇者という点からも改めて狙いたい。

 ラインカリーナは、クレイジーアクセルが絶好の最内枠に入ってその兼ね合いになるが、新馬戦では番手からの競馬でも勝っており、伏竜Sでも2番手からレースを進めて3着となっていてハナじゃなければダメというわけではない。船橋は初コースになるが、初めての川崎遠征で関東オークスを制したように注目必至。

 JRA勢には今年の南関牝馬クラシックを賑わせたトーセンガーネットもいるが、過去5年で52キロ以下が39頭出走して連対がないことからも連対圏の争いはアンデスクイーン、プリンシアコメータ、ラインカリーナの3頭とみている。

 過去5年で連対争いには加われていない地方所属馬だが、2015年以降毎年3着に入っているので3連系の馬券を買う人にとっては魅力がたっぷり。

 ミッシングリンクは前走JBCレディスクラシックでは最後の直線で脚を伸ばしての5着で、休養明けを一叩きした上積みが見込める内容だった。中央時代にはTCK女王盃で交流重賞V実績もあり、自在性があるのも魅力で地方勢での最有力候補とみている。

 また昨年の3着馬オルキスリアンも船橋1700~1800mはベストの舞台で、トライアルを勝ってのローテーションも昨年と一緒。配当的に妙味も十分ありそうで、穴馬として3着欄にマークしておきたい。

(取材・文=「勝馬」記者・豊岡加奈子)

最終更新:2019/12/11(水) 11:00
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事