ここから本文です

国内CAD/CAM/CAEシステム市場、成長が若干減速するも2019年度は4000億円規模

2019/12/11(水) 6:40配信

MONOist

 矢野経済研究所は2019年11月25日、国内CAD/CAM/CAEシステム市場に関する調査結果の概要を発表した。

 同調査レポート「2019年版 CAD/CAM/CAEシステム市場の中期展望」の中では、分野別/アプリケーション別の販売実績、メーカー別シェア、今後の課題や見通しなどについて、その詳細を明らかにしている。

国内CAD/CAM/CAEシステム市場の概況

 まず、市場概況についてだ。2018年度の国内CAD/CAM/CAEシステム市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年度比8.8%増の3785億円と好調。企業収益が過去最高を記録する中、製造業の設備投資が増額し、成長を後押しした。一方、海外経済の回復により、輸出や生産が好調に推移し、民需も堅調であったとする。こうした経済環境を受け、EDA(Electronic Design Automation)市場も回復し、土木/建築系CADも大変好調だったと、矢野経済研究所は見解を示す。

 2019年度の見込みとしては、米中貿易摩擦や米国の利上げ、日本国内の消費税増税などを受けて、景気の先行きが不透明となり、国内CAD/CAM/CAEシステム市場規模(同)にも影響。成長が若干減速するとし、矢野経済研究所は前年度比6.4%増の4026億円になる見通しだとする。

2020年度、成長を支える注目要素は?

 では、2020年度の国内CAD/CAM/CAEシステム市場における注目要素は何か。

 2019年8月に閣議決定された2020年度当初予算の概算要求を見てみると、防災対策を中心とする公共事業関係費と、MaaS(Mobility as a Service)の普及促進に関連する研究開発および実証事業費の増加が大きく影響するとし、土木/建築関連とMaaS関連が国内CAD/CAM/CAEシステム市場をけん引すると、矢野経済研究所はみている。

MONOist

最終更新:2019/12/11(水) 6:40
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ