ここから本文です

J・コール主宰「Dreamville」所属のラッパー、J.I.Dの初来日公演が決定

2019/12/11(水) 14:23配信

CDジャーナル

 J・コール主宰のレーベル「Dreamville」に所属する米アトランタ出身のラッパー、J.I.Dが、2020年2月25日(火)に東京・渋谷WWW Xで初来日公演を開催することが決定しました。

 J.I.Dは2010年からミックステープを発表、Earthgang、Hollywood JB、JordxnBryantとともにSpillage Villageコレクティブに所属して、地元アトランタで徐々に注目の存在となり、2017年にJ・コール主宰の「Dreamville」と契約。同年3月にEarthGangや6LACKをゲストに迎えたデビュー・アルバム『The Never Story』を発表しました。

 2018年には、新人の登竜門とも言われている企画“XXL Freshman Class”に選出され、7月にはデンゼル・カリーの3rdアルバム『Ta13oo』に収録されている「Sirens」に参加。さらには故マック・ミラーとサンダーキャットとのツアーを行うことを発表しました(マック・ミラーの逝去によりツアーはキャンセル)。同年11月に2ndアルバム『DiCaprio 2』をリリース。レーベルの主宰者であるJ・コールをはじめ、Joey Bada$$、A$AP Ferg、Ella Maiなど豪華アーティストの参加も大きな話題となりました。次世代を担う実力派ラッパーとして注目されています。

最終更新:2019/12/11(水) 14:23
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事