ここから本文です

【インド】ホンダ、新排ガス規制対応「シティ」発売

2019/12/11(水) 11:30配信

NNA

 ホンダのインド四輪車法人ホンダ・カーズ・インディア(HCIL)は10日、来年4月に導入される新たな排ガス規制「バーラト・ステージ6(BS6)」に対応した中型セダン「シティ」を発売した。デリーでの店頭価格は99万1,000ルピー(約152万円)から。

 HCILによると、シティは中型セダンではインドで初めてBS6に適合した車種となる。今回BS6に対応したのはガソリンエンジンモデルのみ。ディーゼルエンジンモデルも今後、BS6に適合させる見通しだ。

 17.7センチのタッチスクリーンを含む車載システム「デジパッド2.0」を搭載し、車内エンターテインメントを強化した。デジパッド2.0搭載モデルは106万5,900ルピー(デリー店頭価格)から。

 HCILで販売・マーケティングのトップを務めるラジェシュ・ゴエル氏は「シティに続き、他車種のBS6適合モデルも順次導入する」とコメントした。

 HCILはこれまでに、スポーツタイプ多目的車(SUV)「CR―V」と乗用車「シビック」の2車種でBS6対応のガソリンモデルを投入している。

最終更新:2019/12/11(水) 11:30
NNA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事