ここから本文です

阪神・秋山「普通にやれれば勝てる」800万減も来季開幕ローテ自信満々!

2019/12/11(水) 9:00配信

デイリースポーツ

 阪神の秋山拓巳投手(28)が10日、契約更改交渉に臨み、800万減の年俸3200万円でサインした。今季は昨年10月の右膝手術の影響があったが、筋力強化に取り組んでおり、「やれる感じはつかめている。普通にやれれば(競争に)勝てると思っている」と開幕ローテ入りへ自信をみなぎらせた。(金額は推定)

【写真】キャッチボールで手ごたえを感じた阪神・秋山

 右膝に不安を抱えたまま臨んだ今季は4勝3敗、防御率4・26。「(先発では)三回ぐらいに膝が張っていた。『どうにかしないと』と思いながらやっていた。そこにとらわれて打者に集中できていなかった」と険しい表情で振り返った。

 すでに筋力強化で不安解消に取り組んでおり、秋季キャンプでは変化を感じ取った。「すごく腕が振れているし、(12勝を挙げた)2年前よりも質がいい直球がいっているんじゃないかと思う」。矢野監督も球質を評価しており、復活へ確かな手応えをつかんだ。

 今季は刺激もあった。同期で同級生の原口が大腸がんから復帰。その過程に感動した一方で、1軍で活躍できていない自身の現状にもどかしさもあった。あらためて2人でお立ち台に上がることを目標に掲げ、「実現できるように自分が頑張りたい」。17年に12勝を挙げた右腕も、原口のようにドラマチックな復活を目指す。

最終更新:2019/12/11(水) 9:34
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事