ここから本文です

3時のヒロインのネタ曲、動画チャンネルに日本人コメント殺到 海外ファンもビックリ

2019/12/11(水) 10:25配信

デイリースポーツ

 女芸人ナンバーワンを決める「THE W」で優勝した3時のヒロインがネタで使用したジュリア・マイケルズの楽曲「Uh Huh」が話題を呼んでいる。ダウンロードサイトの「レコチョク」では10日更新の洋楽総合ランキングで急浮上の2位。ジュリア・マイケルズのYouTubeチャンネルでは同曲の動画には日本人からのコメントが殺到している。

【写真】「THE W」を制した3時のヒロイン

 3時のヒロインは決勝で「アッハーン」という言葉が流れると踊り出すというネタを披露し見事優勝。直後には「アッハーン」がネットのトレンドランクに浮上するなど話題を呼んだ。

 この曲が印象深かったのか、レコチョクサイトの10日更新洋楽総合ランキングでは、マライア・キャリーのクリスマスの名曲「All I Want for Christmas Is You」と、Wham!の「Last Christmas」に挟まれ、2位に急浮上。

 また、ジュリア・マイケルズのYouTubeチャンネルでも「Uh Huh」の動画の再生回数が1000万回を超えた。しかもコメントも5000件を超え、その多くが日本人。「Wの3時のヒロインのネタから来たんだが」「3時のヒロインから来た人」「あっはーんから来た」「アッハーンの曲から来ました」と、明らかに3時のヒロインのネタがキッカケに。

 突然日本人からのコメントが増えたことに驚く海外のファンもおり「なぜこの曲が突然人気になり、日本のコメントがたくさんあるのか、誰もが不思議がっていると思います」との英語投稿もあった。

 ジュリア・マイケルズは米国出身の26歳。シンガーソングライターとして活躍し、ジャスティン・ビーバーや、セレーナ・ゴメスらに曲も提供している。

最終更新:2019/12/11(水) 10:33
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事